アラかん亭ブログ

アラ環のITエンジニアです。お金持ち思考、不動産投資など様々なことをブログにしていきます。

さよならEverNoteプレミアム(その2)

f:id:Yumiinc:20180926161843j:plain


前回の続きです。

 

自分の使い方棚卸し

f:id:Yumiinc:20180923121429p:plain

次に、自分のEverNoteの使い方の棚卸しをして見ました。

(1)メモ
 ・英語の基本文系など毎日繰り返し参照するメモ
 ・調査したことや勉強したことの記録(画像+テキスト+表のノート)
 ・やったこと、アイデア、思いつきの時系列記録 
(2)WebClip
 閲覧したWebの切り抜き
 (EverNoteのWebClipperは、大変よくできています)
(3)PDFファイル等のファイルバックアップ
 添付ファイルにしてEverNoteの自アドレスへメール送付
(4)8台(過去も含め)の端末で同期 

(1)はEverNoteでなくてもできそうです。
  候補はGoogleドキュメントとMACのメモ。
  どちらも端末無制限です。

(2)の機能は優れていますが、自分は後でクリップした記事を後から見返す機会は少ないです。WebClipはプレミアムでなくても使えそうです。

(3)PDFをEverNoteに保管する意味は、保管先の一本化と検索機能です。
保管先の一本化はGoogleDriveへの一本化で良いと思います。
検索に関してはGoogleDriveはPDFの中身までチェックしないので、
保管文書を検索することが多い人は今ひとつかもしれません。

(4)これが一番のマイナス材料です。ベーシック(無料)で同期できる端末はMAX2台なので、何かを諦める必要あります。私は普段から使用しているのはMAC2台とiPhone1台です。
   iPhoneで見ることはあまりないので、iPhoneを諦めようかと思います。

移し替えツールがあるか?

次に、最初に移し替えツールがあるかネットを調べました。
残念ながらそんなツールは発見できませんでした。
手作業でできる範囲での引越しになります。

次回は引越しの基本方針について書こうと思います。

 本記事は、別のサイトへ一度掲載したものを、修正加筆し、Hatenaブログへ引っ越ししたものです。