アラかん亭ブログ

アラ環のITエンジニアです。お金持ち思考、不動産投資など様々なことをブログにしていきます。

ブログで集客する方法 ビッグキーワードとスモールキーワード

ビッグキーワードとスモールキーワード




こんにちは、アラカン亭です。

あなたのブログやホームページは思うように集客ができていますか?

もし、悩んでいるならば一緒に勉強しましょう。

今日は前回に引き続き、ブログで集客し、PV数をあげる方法やコツを勉強したいと思います。

今回は「ビッグキーワード」「スモールキーワード」について紹介します。

結論から言うと、小規模サイトは「スモールキーワード」を狙うべきです。

それでは説明をします。

 

 

 

ビッグキーワードとスモールキーワード

最適な「検索キーワード」と「答え」が必要

前回の繰り返しになりますが、ブログやホームページで集客するためには、検索ユーザ(ホームページ閲覧者)が求めている最適な「答え」がなくてはいけません。

検索ユーザは何かしらの問題を解決するために検索をして、ホームページを見ようとしています。

そして、ホームページを閲覧してもらうためには、最適な「答え」に対する最適な「検索キーワード」の設定が必要です。

最適スパイラル

最適スパイラル

このプロセスを成立し、良い巡回をすることで検索流入数が増えていきます。

最適なキーワードを検討する上で、「ビッグキーワード」と「スモールキーワード」の知識がどうしても必要です。

 「スモールキーワード」が必要なサイトにいくら「ビッグキーワド」を設定しても検索流入数は上がりません。

ビッグキーワードとスモールキーワード

ビッグキーワードとは「プロ野球」「高校野球」「野球」「メジャーリーグ」など、大きなカテゴリーのキーワードのことを言います。

ビッグキーワードは検索数が多いのですが、検索によって表示されるページ数が膨大にのぼることが特徴です。

月間検索数は1万〜1000万件くらいが想定されます。

もちろん、検索結果の表示順位争いは熾烈であり、上位には大手の大規模サイトが並びます。

一方の、スモールキーワードは「チケット 野球」「野球 本」「野球 チケット 値段」など、ある程度対象が限定されているもの、もしくは単語が複合されたキーワードを言います。

 スモールキーワードは検索数は少ないのですが、検索によって表示されるページも少なくなります。

月間検索数は1000件以下が想定されます。

 

ビッグキーワードとスモールキーワード

どちらが優れたキーワードであるとは言えませんが、あなたのブログやホームページに合ったキーワードが必要です。

 

検索キーワードを使い分ける

あなたのホームページの目的と検索ユーザは?

前回同様、あなたがリトルリーグの野球チームのホームページを作成することを任されたとします。

ホームページの目的は

  1. 新規メンバーの募集
  2. 新たな支援者の募集

としましょう。

ホームページを見てもらいたい検索ユーザーは、

  • 子供をリトルリーグに入れたい親
  • リトルリーグに用具を提供したい業者
  • リトルリーグに興味がある人

などが想定されます。

検索キーワードを選ぶ

それでは、検索キーワードを選んでみましょう。

先ほどの、想定検索ユーザにホームページを訪問してもらう必要があります。

そのためには、どのような検索キーワードが最適でしょうか?

ビッグキーワードの場合はどうなるでしょうか?

キーワードプランナーで「少年野球」で検索した結果です。

キーワード 最大検索数
野球 1000万件
バッティング 100万件
ボーイズリーグ 100万件
マクド 100万件
甲子園 トーナメント 100万件
高円宮 100万件
少年 100万件
少年 野球 100万件
練馬 区 100万件

 

「野球」などで、検索する人は色々な目的で検索しています。

下記は「野球」で検索した結果です。

広島カープの丸選手が巨人へ移籍することを決断したニュースがトップです。

Googleは今日本の野球界で一番のニュースは丸選手の移籍であり「野球」と検索した人はこのニュースを知りたいものと判断してトップに持ってきています。

あなたのホームページはどのくらい先の順位か検討もつきません。

 

「野球」の検索結果

「野球」の検索結果

 

スモールキーワードの場合はどうなるでしょうか?

キーワードプランナーで「少年野球」で検索した結果です。

キーワード 最大検索数
キャッチ ボール 練習 1000件
サッカー 小学生 1000件
ソフト ボール バッティング コツ 1000件
バッティング スイング 1000件
バッティング ポイント 1000件
バッティング 基本 1000件
バッティング 上達 1000件
バット 野球 1000件
バドミントン 小学生 1000件

 

たとえば「キャッチ ボール 練習 茨城」(私の地元の茨城なので、、)で検索した場合は次のようになります。 

キャッチ ボール 練習 茨城

キャッチ ボール 練習 茨城

地元のリトルリーグに興味のある人はおそらく「キャッチ ボール 練習 茨城」を検索窓に打ち込んで検索すると予想されます。

ですから、この検索結果のページにあなたのホームページを載せられれば、数は少ないですが、検索からの流入を期待できます。

ビッグキーワードとスモールキーワードでは、スモールキーワードの方が検索ユーザがあなたのページを訪問してくれる可能性が高いと言えます。

ですから、このスモールキーワードを意識して、あなたはホームページを作るべきです。

 

以前、ブログで使い方を紹介していますのでご参照ください。

キーワードを検索するためには、Google広告のキーワードプランナーとGoodkeywordが強力で、かつ無料です。

 

 
www.arakan.life

www.arakan.life

 

まとめ

今回はビッグキーワードとスモールキーワードを紹介しました。

小規模ホームページではのライバルは小規模サイトです。スモールキーワードを最適に設定することで、検索ユーザの閲覧の可能性が高まります。

ビッグキーワードで大規模サイトで勝負する必要はありません。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。