バラ@コーヒー校長ブログ

コーヒー大好き。Webマーケティングなどをブログにしていきます。

妻の自慢は私のリストラです。(勘弁して、、、でもちょっと感謝)

妻の自慢こんにちは。

いかがお過ごしですか?

今日は妻の自慢の一つ「私のリストラ」をお話します。

ちょっと恥ずかしいのですが、自分をいさめるため、苦い経験を思い出すために書いています。

 妻の自慢話しは私のリストラ

妻にはいくつか自慢話があるのですが、その一つが「私のリストラ」です。

私にとっては人生の失敗、どちらかというと黒歴史であり、あまりおおっ広げに人に話をするようなことではありません。

ですが、妻にとってはこれが大好き、武勇伝の一つなのです。

先日も私とこんな会話しました。

私:◯◯(私の前の会社)また、リストラだって、、、

妻:そうなんだ。

私:あの時、辞めておいてよかったよ。

妻:私が辞めさせてあげたのよ。

私:なんで?

妻:だって、私は反対しなかったもの。

私:確かに。

妻:反対する奥さん、一杯いるのだから。◯◯さん(妻の友人)は夫を絶対にやめさせなかったのよ。先が読める奥さんにもっと感謝しなくっちゃ。

私:ありがとうございます、、、、

こんな具合です。

じゃあ辞めれば!

でも事実なんです。

6年前、当時勤めていた前の会社の調子が悪くなり、早期退職制度という名ですが、実質は「リストラ」が行われました。

私の名前は、その時リストラ候補の名簿にあがってしまい、会社からら早期退職をしつこくすすめられ、大変悩みました。

悩んだ末に、妻に相談したところ「じゃあ辞めれば!」とあっさり。

私はずいぶん救われて心が楽になり、「ほっと」したものでした。

当時の妻の考えは、夫(私)の実力からすれば、無理やりに会社に残っても、冷や飯を食って、結局は放り出されるというものです。

ですから、どうせ放り出されるならば、少しでも若いうちにということでした。

また、私達は友働きで、妻は仕事をもっており、何とかなると思ったそうです。

私は、前の会社を退職したのち、暫くして今の仕事がみつかり、そこでお世話になっております。

妻の自慢

妻の自慢は、「読みの正しさと肝っ玉の太さ」なのです。

そして、妻は人と会うたびに頻繁にこの話をします。

私にとって、何かむずかゆくなる話題ですが、事実です。

内心ちょっと勘弁してと思うのですが、「話をするな」とも言えません。

私はこらからの一生、この話題から逃れられないのでしょうね。

 サラリーマンとはリスキーな仕事だ

さて、日本の高度成長期はとっくに終了し、失われた10年が20年に、そして30年になろうとしています。

終身雇用制はとっくに崩壊しました。

現在において、大きな会社のサラリーマンとはリスキーな仕事であります。

会社の業績なんて明日はどうなるか分からないからです。

業績が予定通りに右肩あがりならば問題がありませんが、反対に業績が落ちこめば、途端にリストラの危機です。

社員は入手した瞬間から、椅子取りゲームをしているようなものです。

業績が悪くなれば椅子の数もどんどん減らされます。

会社が大きければ、大きいほど、会社の名前で仕事をしているのに、自分の実力と勘違いします。

しかも、自分の実力を知る機会もないままに、どんどん年齢を重ねていきます。

そして、会社から放り出されてはじめて、それが会社の実力と自分の実力の違いが分かります。

今の若い人は、「日本の会社は終身雇用で一生安泰!」なんて思っていないでしょう。

おそらく、いつでも辞めてやるとう覚悟と、次はどこにしよう?、くらいの感覚で会社に入社するのではないでしょうか。

厳しいですが、生き抜くためにはその感覚が必要です。

まとめ

妻が自慢話をするたびに、私はほろ苦い思い出を味わいます。

正直、ちょっと勘弁してとも思います。

しかし、中年になるまで、能天気にぬるま湯に浸かりながら、会社に勤め続けていた自分が悪いのです。

このブログもちょっと恥ずかしいのですが、自分をいさめるために書いています。

さあ、がんばっていきましょう。

ここまでお読みいただきありがとうございました。