アラかん亭ブログ

アラ環のITエンジニアです。お金持ち思考、不動産投資など様々なことをブログにしていきます。

さよならEverNoteプレミアム(その3)

f:id:Yumiinc:20180926162810j:plain

 

昨日の続きです。

引越しの基本方針

私はGoogle関係のサービス、MACのメモ帳をよく使うので、GoogleアプリとMacメモ帳への移行をメインにしました。

f:id:Yumiinc:20180926173122j:plain

 つまり、
EverNoteプレミアムプラン

  →
 Googleドキュメント
  +GoogleKeep
  +Googleドライブ

+MACのメモ帳
 +EverNoteベーシックプラン

+EverNote無料プラン

てな感じで乗り換えを進めてみたいと思います。

頻繁にアクセスする重要なデータはGoogleドキュメントGoogleKeepへ乗り換え、
文章の下書き、メモはMACのメモ帳機能を使います。
これらは端末数の制限がありません。

MACメモ帳はMACのアプリなので当然Windowsにはありません。

その他は無料プランでそのままEverNote置くことにしました。
EverNoteは無料プランへ乗り換え(ダウングレード)してもデータは保持されるようです。
Googleドキュメント、GoogleKeepへ乗り換えは一件一件の手作業になるため、整理も含めて30ノートくらい移し替えれれば良いと考えました。

移行作業開始

テキストのみのノートをGoogleドキュメントへ移行する作業を始めました。
何も考えずに、コピペしてみました。
(command+A, command+c → command+V)

その結果です。

1.フォント書体の置き換え

以下のようにEverNoteのフォントはGoogleドキュメントへ置きかわります。

 

EverNoteのフォント→Googleドキュメントのフォント」

 Andale Mono → Arial
Arial
Arial Black → Arial
Brush Script MT → Arial
Comic Sans MS
Courier New
GeorgiaGeorgia
Helvetica Neue  → Arial
Impact
Times New Roman
rebuchet MS
Verdana

「→ 〇〇」 のないフォントはGoogleドキュメントでも同じフォントが使われます。
それ以外はArialへ一律に置き換わるようです。

2.フォントサイズの置き換え

EverNoteのフォント→Googleドキュメントのサイズ)
9→ 7
10→ 7.5
11→ 8.5
12→ 9
13 → 10
14 → 10.5
18→ 13.5
24→18
36→ 27

Googleドキュメントでは多少小さめに変換されます。

3.色の置き換え

ブラック、ブルー等々代表的な10色で試しましたがどれもそれっぽい色に置き換わりました。
色はモニターによって見え方が違うのであくまでもご参考です。


コピー元(EverNote

f:id:Yumiinc:20180927100729p:plain


コピー先(Googleドキュメント)

f:id:Yumiinc:20180927100822p:plain

 

4.画像、表の置き換え

画像+テキスト+表のノートをコピペしてみました。
何とこれもキレイにGoogleドキュメントへ移し替えができました、

特に表もコピーしてくれているので感激です。


コピー元(EverNote

f:id:Yumiinc:20180927100423p:plain


コピー先(Googleドキュメント)

f:id:Yumiinc:20180927100448p:plain

画像は左寄せで小さめなサイズであったのが、大きくなりドキュメント横幅最大まで広がりました。
表はほぼそのままで移行されています。

ということで、EverNoteGoogleドキュメントは手間がかかりますが、うまくいくようです。

Googleドキュメント案外使えるぞ!がわかりました。

今後、少しずつ移し替えていこうと思います。

続きは次回で書きたいと思います。
ここまで読んでいただきありがとうございました。

 本記事は、別のサイトへ一度掲載したものを、修正加筆し、Hatenaブログへ引っ越ししたものです。