バラ@コーヒー校長ブログ

コーヒー大好き。Webマーケティングなどをブログにしていきます。

【Think Clearly】こんな時こそ取捨選択をしよう

Think Clearly

 

みなさん、こんにちは。

昨日(2020年2月17日)、日本の年間GDP成長率が年換算で-6.3%という衝撃的なニュースが飛び込んできました。

残念ながら、私には不況の鐘が鳴ったように思えました。 

 

GDP-6.3

 

 

また、当然のことのように本日の日経平均株価も-329.44円、4日連続で下落です。

不況になるのはほぼ確実でしょう。 

 

世間では令和恐慌がおきるのではないかと、心配される声も聞こえ始めてきています。

 

賃金カットや雇い止め、また、大型リストラも今年はさらに加速します。

 

そこで、みんなが飛びつくのが副業です。

なにか良い副業はないかネットで漁る人がさらに多いことでしょう。

 

そして、とっつきやすいブログを書き始めたり、アフェリエイトを始めたり。

 

しかし、ネットで稼ぐのも生易しいものではありません。

 

カリスマインフルエンサーのイケハヤさんによれば、ブログでは最低でも半年は継続、記事も100記事くらいは必要です。

YouTubeも100本くらい撮る必要があると言われています。

 

自分のできることを考えてみよう

そこで、落ち着いて考えてみましょう。

今、流行りだと言って、安易に新しいものに飛びついても結果が出るのは半年後。

あなたは半年間、耐えられるのでしょうか?

 

やるなというのではありません。

新しいものに手を付ける前に、まずは自分のできることを考えてみましょう。

何ができるのか、チェックしてみよう。

 

頭の中の整理しよう

こんなときにオススメするのがこの本。

 

 

「Think Clearly」 ロルフ・ドベリ著

 

ロルフ・ドベリは作家で実業家。

ビジネス書をの要約を提供する「getAbstract」という会社を設立して運営しているとのことです。

 

全部で52章もありますが、各章は基本的に独立しているので、その章だけつまみ読みもできます。

この本は、複雑な現代社会だからこそ、やることの取捨選択を勧めています。

 

「断捨◯」は物の取捨選択です。

「Think Clearly」は心とやることの取捨選択です。

 

 

 読む時間がない人は中田敦彦さんのこのYouTubeを聴いて見てください。

3部作になっています。

1編は約30分だから、1時間半あれば全部聴け、この本の概要が理解できます。

(本当に概要ですが、、)

 

(1/3のみURLを表示)

www.youtube.com

 

必要なテクノロジー以外は持たない

中田さんの動画では紹介がありませんが、私にすごく刺さった章があります。

第8章「必要なテクノロジー以外持たない」です。

 

副業に手を出す前にここだけは読んでほしいと思います。

 

その要旨は、最新のテクノロジーは必ず反生産性の側面があるというもの。

 

たとえば、デジタルカメラは写真を撮影するのには便利です。

しかし、その反面、撮影した写真の管理や整理のために手間とコストがかかるのです。

 

撮った画像の保管のため、クラウドサービスを契約したりします。

また、時にはカメラ本体のソフトウェアをアップデートする必要も発生します。

著者のロルフ・ドベリは最新のテクノロジーには余分な作業がたくさんついてくると言っています。

皆さんも同感ではないでしょうか。

 

ですから、機能単体では便利かもしれませんが、トータルするとそんなに便利ではないということを筆者は言っています。

便利の裏に、反生産性な側面があるのです。

 

新しい副業も同じ 

 この考えは副業にもあてはまるのではないでしょうか。

 

つまり、あたらしい副業でいくばくかの新しい収入を得るための、反生産性のことがあるのです。

 

たとえば、このブログもそうです。

 

ブログのPV数を増やすために、SEOについて勉強したり、Googleアナリティクの設定をしたりします。

また、広告収入が得られるGoogleアドセンスも申請でして合格するための調査、申請書の作成・提出、口座設定に手間が必要でした。

時間と労力がかかっています。

 

経済的にも反生産性があります。

わたしは、「はてなブログPro」を契約していますが、その使用料金は2年一括払いでも14,400円かっています。

 

私のこのブログのドメイン取得にいくらかかったか正確には覚えておりません。

が、なんだかんで1万円以上はかかっています。

 

副業と言っても、それなりの手間がかかるものです。

 

なんだかネガティブなことを言ってしまいましたが、反生産性の側面もきちっと計算しなくてはいけないのです。

 

まとめ

 日本のGDPマイナス成長で、不景気に突入することがほぼ確実です。

そんな時ですが、Think Clealyで、やることと心の取捨選択をしてください。

 

安易に副業に飛びつくのではなく、もう一度じっくり考えてください。

自分のできること、やろうとすること反生産性の側面を考えて見てください。

 

今回はちょっとネガティブな話になってしまいましたが「Think Clearly」は、いろいろなことを気づかせてくれる本です。

 

また機会があれば紹介したいと思います。

 

 

誰でも情報洪水の中にいる

スマホ

 

先日こんなツイートしました

みなさん、こんにちは〜

先日、Twitterでこんなツイートをしました。

今回はこのことについて、ブログで解説します。 

 

ネットに流れる情報は20年前の50倍

ある調査によれば、ネットに流れる情報は20年前の50倍に増加したそうです。

(インプット大全 樺沢紫苑著 はじめに)

驚きます!

 その一方、ご存知のように新聞、本、雑誌、TV、ラジオの情報量は20年前とそれほど変わっていません。

 

ですから、私たちがほぼ確実に20年前の5000倍の情報量の中にいるということです。

 

総務省のデータ通信白書にも裏付けるようなデータがありました。

 

ブロードバンドのトラフィック(平成29年度データ通信白書)

ブロードバンドのトラフィック(平成29年度データ通信白書)

 

 「情報は民主化」されたとも言います。

誰でも平等に情報を入手できるということだからです。

 

でも、実は入手できると言うよりも、多量の情報が押し寄せてきていて「洪水の中にいる」が正確と思います。

 

ネットサーフィンをして情報の波に乗っているつもりが、実は情報に溺れているのです。

この現象はこれからますますひどくなると考えられます。

 

誰でもYahooサイトで面白いニュースを見つけ思わずクリック。そして、だらだら関連サイトをはしごして行った経験があると思います。

 

自分のフィルターを持つ

では、どのようにすれば情報の洪水で溺れずにすむのでしょうか。

 

私は、唯一できるのは「自分のフィルターを持つ」ことだけだと考えます。

フィルターで不要なゴミ情報が入らないようにブロックするしかありません。

 

そして、どのようなフィルターを持つかは、人によってそれぞれだとも思います。

自分の頭で考えるしかありません。

 

一般的かもしれませんが、私のフィルターは次のような基準を考えています。
(これから変わる可能性もあります)

 

  1. ドキドキするか?
  2. 未来を予想できるか?
  3. 自分の役に立つか?
  4. 自分に影響をするか?
  5. あとで発信できるか?

 

この5つです。

この5つのどれにも当てはまらなければ、あっさりとパスするようにしています。

例えば芸能人のゴシップ記事。

1〜5に当てはまらないので、あっさりとパスです。

(できないこともありますが、、、)

 

ドキドキする情報か?

ドキドキするかしないか、これが一番重要です。

自分がドキドキする情報と言うのは、自分にとって面白く、夢があり、将来役に立ちそうだからです。

自分のモチベーションが自然と上がってきます。

 

何がドキドキするか?

それは普段から方向性を調整していく必要があります。

 

私ならばビジネスやテクノロジー関係の話。

不動産関係の話もドキドキします。

 

これらは自分の生活に大きな影響を及ぼします。

普段から面白く感じるように勉強しています。

自分が何に反応するかを勉強して磨いて行きます。

 

実は週1回30分だけですが、お金を払って不動産投資の大手サロンのオーナーの方の時間をいただき、英語の勉強をオンラインでしています。

オーナーの方はもともと英語の先生ではないのですが、2人で継続して勉強することでスキルが上がって行きます。

 

教材は著名人のTEDなどの講演です。

Twitterの元CEO エバン・ウィリアムスの講演も勉強しました。

 

www.ted.com

 

そして、半分くらいは不動産投資の最新情報を雑談で教えてもらえます。

相場とか物件の情報です。

それらの情報はすぐには役に立ちませんが、私にとっては貴重な情報です。

 

これらの情報は私にとって非常にドキドキする情報なのです。

そして、将来役にたつ可能性が大きいのです。

 

2〜5はまた別の機会でブログで紹介いたします。

まとめ

ネットの情報量は20年前と比べて5000倍です。

まだまだ拡大しています。

そのことを知る、知らないでは行動が大きく変わります。

 

ひと昔は、たくさんの情報を集めろということで「アンテナを高くしろ」なんて言っていましたが、今そんなことしたら情報に溺れるだけです。

 

ですから、今は良い情報を集めるために「フィルターを持て」ということが言えるのです。

日本人の半分が1ヶ月の読書量ゼロ!

読書

 

 

約半分は本を読まない

 

みなさん、こんにちは。

 

質問です!

みなさん、1ヶ月に何冊本を読んでいますか?

 

なぜこんなことを聞くかというと、最近の日本人の読書離れが心配されているからです。

 

文化庁の平成30年のこちらの統計をみてください。

読書量

 

何と、日本人の47.3%が1ヶ月に1冊も読まないということです。

約38%が1~2冊です。

 

(出典はこちら)

www.bunka.go.jp

 

驚くべき数字です。

 

最近はスマホの普及によりYouTubeなど視聴がどんどん数を伸ばしています。

ということで、読書量が減っているのです。

日本人は馬鹿になる一方です。

 

本を読むこと効果

本を読まないとはっきり言って馬鹿になります。

と、私は思います。

みなさんもそう思いませんか?

そこで、本を読む効果を調べてみたらざっとこんな感じです。

  • 脳が活性化する
  • ストレスが解消される
  • 創造力が磨かれる
  • 仕事や日常のヒントをもらえる
  • 視野が広がる
  • 教養が磨かれる
  • 読解力が高まる
  • 知識が増える
  • ボキャブラリーが増える

 

そんなのことは分かっているよ~

という人が多いと思います。

 

でも、「時間がない」、「満員電車の中では読めない」、「車通勤なのでだめ~」

なんてという人が多いのではないでしょか?

そこで、AmazonAudibleをオススメします。

 

まずは無料で試して!

Amazon Audibleは耳で聴く読書

どんなシチュエーションでも耳さえ空いていれば読書できます。

満員電車でも、車の中でも、布団の中でも、、、スマホがあればできます。

 

再生は0.5倍速から3.5倍速まで選べます。

自分は1.25倍か1.5倍で聴いています。

 

しかも、本の品揃えは1万3000冊以上です。

月額1,500円です。

 

しかも、最初の1冊は無料プレゼント

無料期間に解約すれば、お金はかかりません。

とにかく試してみることをオススメします。

 

こちらから様子みてね~!

amzn.to

 

私のベスト・ワン

私は、すでに何冊も聴きました。

その中でもベストがこれ。

著者の白石一郎さんはこの作品で1987年に第97回直木賞を受賞しました。

この冒険譚はワクワクの連続。

いちど聞き始めたら止まらなくなるほどです。

 

 

Audibleでは声優の後藤敦さんの朗読です。

後藤敦さんは、「ER緊急救命室」、「キャッスル 〜ミステリー作家は事件がお好き 」

などに出演しているベテランの声優さんです。

この後藤さんのナレーションで、 直木賞作品聴けるのははっきりいって幸せです。

 

この続編の海王伝(上・下)も後藤さんのナレーションです。

 

ビジネス書で良かったのはこれ。

ホリエモンの「君はどこにでも行ける」です。

 

 

ホリエモンが世界を見る目が語られています。

そして、何と最初のイントロダクションはホリエモン本人の肉声です。

また、最後の特別賞は

テルマエ・ロマエ」のヤマザキマリさんとの45分間の対談です。

  

今は、山本一力さんのジョン・マンを聴いています。

 

 これも面白い。

江戸時代末期に漂流してアメリカに渡り、そして日本に帰って来て活躍した

ジョン万次郎の冒険伝です。

退会も簡単

最後に退会方法。
(まだやっていませんが、、)

 

Amazonだから、しつこい引き止めもありません(と予測)。

詳細は下記、退会方法をご参照ください。

audible-jp.custhelp.com

 

まとめ

日本人の読書量は少なすぎます。

馬鹿にならないためにもっと本を読みましょう。

本を読む時間がない、環境がない、というのはあなたの言い訳です。

読書をする気になれば、いろいろな方法があります。

 

Amazon Audibleもその一つ。

最初は無料なのでまず試してみてください。

 

馬鹿になるのを回避しましょう。

私も回避します!

 

amzn.to

フォロワーを増やしたければブランディング

ブランディング

 

 

ブランデンングとは

みなさん、こんにちは~

 

今日は、SNSYouTubeをやるにおいてブランディングが大切ということをお話しようと思います。

 

フォロワーを増やしたければブランディングが必要です。

 

ブランディングとは、ブランドを作ること。

 

物販だったら自社の商品の価値をブランドとして明確する。

そして、そのブランドの価値が正しく伝わるように宣伝していくこと。

 

でも、このブランド、高級バックだけではなく、インターネットでSNSYouTubeをやる場合はあなた個人にも必要です。

 

人もブランディング必要

ちょっと考えてみてください。

 

デザインがすぐれたヴィトンのバッグや、フェラーリなどのような高級品はブランドものと言われています。

 

なぜ、ブランドものと言われているかといえば、関係者がブランディング、つまりブランド作りに必死になっているからです。

 

あの、ヴィトンやフェラーリでさえもです。

 

 

あなたは、ヴィトンやフェラーリよりも優れたデザインを持ち合わせてこの世に生まれてきていますか?

 

千人中千人がヴィトンやフェラーリ以下(失礼!)の一般的な普通の人間としてのデザインで生まれてきています。

 

その辺の雑貨屋さんで売っているバッグとヴィトンの差ほど、他の人と差はありません。

 

科学的にも個人のDNAは他人と5%しか違わないと言われています。 

 

ですから、普通の人間ならばブランディングが必要なのです。

 

 

でもすでにブランディングはしている

 

でもすでに、あなたは、無意識に会社や家庭でブランディングをしています。

 

あなたがサラリーマンで会社で課長の職位で働いているとします。

家庭では良きお父さんで、奥さんとお子さんがいるとします。

 

あなたは、無意識に、会社では課長、家ではパパでブランディングしています。

 

会社では課長と呼ばれています。

課長として部下に指示を出し、課長として会議を行い、課長として部下の仕事に責任を持ちます。

課長らしくあろうとします。

 

家庭では、パパと呼ばれています。

パパとしてママである奥さんのいいなりになっていたり、子供には甘いパパであったりします。

指示はだされなくても、ゴミ出しはパパの仕事です。

パパらしくふるまっています。

 

課長もパパもブランディングです。

 

SNSYouTubeで必要なブランディング

 

会社や家庭と同しように、SNSYouTubeでもブランディングが必要です。

 

SNS上でプライベートは全て秘密にしろというのではなく、フォロワーさんやチャンネル登録者に見せるあなたの姿が必要です。

 

例としてマナブさんです。

twitter.com

 

全くの推定ですが、

ちょっと不器用な根暗な青年だけどネットの世界ではちょっと凄腕

というブランディングをしています。

これは、今ひとつ自信がもてない若者にものすごい勇気を与えます。

自分ならできると感じます。

 

もう一つの例として、やまもとりゅうけんさんです。

twitter.com

 

これも推定ですが

オンラインサロンの教祖的存在、でも妻の尻にひかれ家庭を大切にするお父さん

というブランディングです。

 

これは、家庭では奥さんにやられて今ひとつ立場が弱いお父さん、でもネットの世界ではカリスマになれるという夢を与えています。

 

マナブさんの有料情報教材を購入したり、やまもとりゅうけんさんの有料オンラインサロンに加入したりする人は、

いずかは自分もマナブさんや、やまもとりゅうけんさんみたいに成るという夢を持ちます。

 

この夢が、人気の源です。

 

ですから、あなたももしSNSYouTubeの世界で人気ものになりたいのならば、フォロワーやチャンネル登録者に夢を与え、いつかはあなたのようになりたいと思わせるブランディングが必要です。

私も意識

 

私も、うまくいっているかどうかは別としてブランディングを意識しています。

 

私の場合は

  • コーヒー好き
  • バイク好き
  • ITのベテラン
  • やさしく情報提供するおじさん
  • 副業もそこそこの収入

というところでしょうか。

 

何かすごく余裕で、趣味も楽しそう、羨ましい人ですね。

みなさんが私にちょっとでも夢を持ってくれたら成功なのですが、、、。

 

でも実際には、

  • 毎日の生活や目の前の雑用に追われ
  • 想定外に振り回され
  • ない知恵を無理やり絞り
  • 投資などでいろいろな失敗をし
  • 妻と協力してやっと生きていける

平凡な一般人です。

 

まとめ

この記事を読んでくれた人は

SNSYouTubeで頑張ろうという人、

あるいは

現在は将来のために副業をしたい、成功と思っている人かと思います。

 

そのためにはブランディングです。

あのヴィトンやフェラーリもしているのです。

 

あなたも、あなたの理想に近い人でブランディングしてみてください。

 

Twitterでも、SNSの運用や、#フォロワー増える 情報を発信しています。

覗いてみて、よかったらフォローしてくださいね。

twitter.com

 

 

 

 

 

 

 

なんで無料note を書いたの?

無料note 画面入

 

 

初noteリリース

みなさん、こんにちは〜!

 

本日初noteをリリースしました。

無料で、Twitter初心者向けのnoteです。

Twitterを始めたばかりの人、始めてから少しの人、是非読んでください。

 

noteの中でたくさんフォロワーを集めている人の、ヘッダーとプロフィールを掲載して、何が良いのか解説しております。

また、「アイコン力」「ヘッダー力」を鍛える方法も紹介しました。

きっと参考になると思います。

 

なぜ無料noteを書いたの?

無料noteはブログと一緒では?

なぜ無料noteを出したのでしょうか。

それは次の理由です。

■noteは、今、最も熱いメディアである

noteは今、ユーザ数が急成長の文章コンテンツメディアだからです。

日本国内のほとんどのインフルエンサーがnoteに投稿をしています。

 

アドセンス広告はなし、アフェリエイトもできません。

それだけに、非常に読みやすく、ちょっと長い投稿も比較的簡単に読み切ることができます。

スマホでも簡単に読めます。

 

また、書く時のUI(ユーザーインターフェイス)も優れています。

WordPressのエディターに似ているけど、使い勝手は断然上。

慣れてくるともっと早く書き上げられるようになりそうです。

 

■課金できるメディア

今回は無料でしたが、次回は有料noteの執筆を考えています。

私はまだ、経験をしたことがありませんが、

(すでに有料noteを書かれている人から聞いただけですが、)

課金は非常に簡単だそうです。

 

従来型ブログとnote

 

 

では、課金が特徴ならば、無料noteを作る必要がないのかな?

いえいえ、そんなことありません。

無料noteは、広告がありません。

 

逆に自分で広告を貼れるのです。 

無料note中には簡単な自己紹介も広告の一部としてできます。

 

 

運営している #チームマネタイズ の広告です。

チームマネタイズ

 

#チームマネタイズのページはこちらから。

peraichi.com

 

#インプ爆上げ有料noteの紹介

インプ爆上げ有料note

 

ですから、自分をもっと知ってもらうため、それに宣伝の露出度を増やすために、 無料noteを書くべきではないかと考えます。

 
Twitterとの相性がいい

3番目の理由としてはTwitterとnoteの相性がものすごく良いと言うこと。

noteの宣伝をTwitterで非常に簡単にできます。

今回のnoteはこんな感じでリリースを告知しました。

 

Twitter上できれいにはまります。

 

Twitterは非常に拡散力のあるSNSです。

自分のnote、ブログ、YouTubeなどを広く知ってもらうためには、格好の宣伝媒体です。

もちろん、Google検索からの自然流入も期待できます。しかし、Google検索での上位争いは熾烈であり、またある日突然、Google変動で順位が大幅に落ちる可能性もあります。

ですから、Twitterとの相性は非常に重要な要素です。

 

■感想をあとから追加

今回の無料noteの感想をリリース後にTwitterで複数いただきました。

これをnoteの上部に貼りました。

これは、「読者にこんなにいい感想をいただいているよ~、だから読んでね」というものです。Amazonレビューと同じです。

読者の感想を並べる、こんな素晴らし権威づけほかにはないでしょう。

 

これは、紙の本ではもちろんできないし、ブログなどもちょっとニュアンス違うかなって言う感じです。

 

ただ、件数が多くなれば、本文は下の方になります。スクロールしても中々本文が出てこないことになります。

ですから、感想はほどほどにしておきます。

 

まとめ

何はともあれ、書きやすくて、見やいnote

古くて新しい情報媒体。

 

暫くは情報発信ツールとして重要な位置をしめそうです。 

私も、頑張って書いていきます。

2020年 明けましておめでとうございます!

明けましておめでとうございます
 

明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いします!

 

本年最初のブログです!!

 

ということで、今年の目標を書きます。

 

今年の目標

1.ツイッターYouTube、ブログを継続

ツイッター、動画(YouTube)、ブログを継続。

 

特に動画、YouTube

2020年は5Gの時代と言われています。

5Gで容易に動画を配信し、また受信することができるようになります。

動画はテキストよりも格段の内容を短時間に詰め込め、また、短時間で他人に伝達することができます。

今までは動画は特定の人しか作成、配信できませんでした。

しかし、これからはアクションカメラやスマホで簡単に撮影できます。

そして、編集用のPCソフトの充実してきています。

また、YouTubeという優秀なプラットフォームが誰でも無料で使えます。

使わないという選択肢はありません。

 

YouTubeのサムネイル

YouTubeのサムネイル

 

具体的な目標数値です

 

  • ツイッター:フォロワー6000人(2020年3月末)
  • 動画:YouTube100本(現在17本、2020年12月末)
  • ブログ:200記事(現在103記事、2020年12月末)

 

(動画とブログはテーマを絞った方が良いのですが、テーマを絞って今まで何回も失敗しているので、いろいろな動画、雑記ブログとしようかなって思っています。)

 

2.ペライチセミナーを12回開催する

バラはペライチ認定サポーターです。

navi.peraichi.com

 

ペライチという優秀な発信プラットフォームを教えられる立場です。

是非とも、ペライチを教えて、教わった人が目的を達成して欲しい。

昨年はペライチセミナーを2回開催しました。

もう、セミナー講師初心者ではありません。

今年は毎月1回のペースで開催していきたいと思います。

 

昨年の募集ページ

昨年の募集ページ

 

3.ツイッターオンラインサロンを本格化する

 

ツイッターヘッダー20200106

ツイッターのヘッダー


昨年11月から、「バラのツイッター運用支援」を継続して開催しています。

受講生は4名になりました。

そして年末には「バラのツイッター運用支援」をスタート。

9名の方に賛同いただき、#チームマネタイズ を結成。

チャレンジをスタートさせました。

すでに2名の方がマネタイズ成功!!

今年はさらにチームを拡大。

継続して成功者を続出させたいと思います。

 

4.1日1万歩を毎日〜歩く

健康のため、毎日1万歩を歩き続けています。

でも、昨年は年末の12月27日に更新がストップ。

翌日の28日から再チャレンジをしています。

現在8日間連続1万歩達成。

もっともっと連続記録を伸ばしていきたいと思います。

 

5.英語日記、ソロバン稽古を毎日やる

地味なのですが、英語は好きです。

今はブラジルのクリティバ在住のClaudioと毎週スカイプで会話を楽しんでいます。

是非とも継続したいと思います。

Claudio

Claudio

それから、もっと地味なのですがソロバンの稽古も毎日やっています。

自己流ですが頭の体操のため是非とも継続していきたいと思います。

 

まとめ

2020年の目標を5つ上げました。

具体的なものから、曖昧な物まであります。

途中で変更するかもしれませんが、

時々ここに帰って目標を確かめたいと思います。

 

皆様の応援もお願いします!!

 

 

 

 

 

 

 

これは買い!ハリオのハンドミル「セラミックスリム」ご紹介

セラミックスリム

 

ハンドミル使ってますか?

こんには〜

 

みなさん、ハンドミルを使っていますか?

手で回さなくてはいけないので、時間もかかって、面倒って思いますよね。

なんと言っても疲れるし。

私もそうでした。

 

でも、実際に使って見るとすごく良いものです。

今日は、ハンドミルの紹介です。

 

セラミックスリム買いました

 ハンドミルは手動でクルクル回してコーヒー豆を粉にする道具です。

 

私は、普段は電動ミルを使用していますが、

これって思う良いコーヒー豆のときや、一人で飲むとき(普段は妻との二人分を淹れています)はハンドミルを使っています。

 

私が普段使っているハンドミルはこれ、

ハリオのセラミックスリムです。

セラミックスリム

 購入したのは今年(2019年)の9月。

3ヶ月間使ってきました。

使ってきた感想です。

 

良いところ 

1.軽量・コンパクト

なんと言っても軽量コンパクトであること。

サイズは、 幅 150 × 奥行 72 × 高 220mm

重さは240gです。

 

しかもハンドルは着脱式なので外せば、かさばらず、

ものすごく携帯しやすくなります。

 

どこにでも持っていけます

 

2.セラミックで熱が発生しにくい

コーヒー豆を挽く臼がセラミックでできています。

セラミックなので、 熱を持ちません。

 

引いた後、触っても全然熱くありません

 

金属製の臼は熱くなりやすいので、コーヒーの味を変えてしまう可能性があります。

その点、安心です。

 

3.握りやすい

 

豆を引く時、握って安定させやすいです。

見ての通り、真ん中がくびれています。

ここを握って、もう一方の手でハンドルを回します。

 

スムーズに豆を挽くことができます

 

4.値段が安い

 

値段は定価で3000円です。

Amazonなどでは、実価格はもっと安いです。

 

一度に引ける量が1〜2杯分で少ないですが、大概は十分です。

 

5.分解、水洗いができます。

 

部品は全て外せ、水洗いができるので、清潔で掃除の手間が省けます。

分解の方法はハリオの公式ページに動画が掲載されています。

ネジやスプリングなど細かい部品があります。

無くさないように注意してください。

 

手入れが簡単で、清潔です

 

特徴

 

 デメリット

デメリットです。

あまりありませんが、あえて書くと次の3でしょうか。

 

1.挽く粗さの調節がアナログです。

 

電動ミルなのでは、挽く粗さの調節ダイヤルがついていて、デジタルで設定できます。

しかし、このミルは、臼を取り付けているネジを回して豆の粗さを調整します。

ですから、適当に試し挽きをして、粗さを確認して、調整する必要があります。

 

2.一度に1〜2杯分

 

軽量、コンパクトなので仕方ありませんが、一度に引ける豆の量が最大2杯分です。

ですから、ちょっと人数の多い時は2回挽かなくてはいけません。

しかし、2杯分を挽くのにかかる時間は1分11秒程度。

YouTubeで実演をしています)

この時間が長いか、短いかはあなたの感覚しだいです。

 

3.色が一色

 

これをデメリットというかわかりませんが、色が黒の一色のみです。

いろいろな色があると楽しいと思います。

 

 

デメリット

 

YouTube

このハリオ、セラミックスリムを紹介しているYouTubeです。

動画で手短に紹介しています。

また、実際にタイマーで時間を測り、2杯分を挽いています。

挽くのにかかった時間は1分11秒。

予想よりも短かったです。

是非とも参考にしてください。

https://youtu.be/GmDUysdJpkU

 

セラミックスリムのアマゾンと楽天のリンクです。

【アマゾン】

楽天

a.r10.to

 

 まとめ

ハリオセラミックを紹介しました。

ハンドミル?、めんどう!!って思っている方が多いと思います。

 

でも、かかる時間はわずかに1〜2分。

その間、挽く音を楽しみ、

だんだんと強くなっていく香りを楽しめます。

 

コーヒーをのむ前の儀式みたいな感じで、

より一層コーヒーがおいしくなります。

 

そして、メリットとデメリットを総合すると、

私はセラミックスリムは買って損はないと思います。

値段も手頃、強くオススメ!します。

一家に一台、ハンドミル!!

 

わからないことあったら、コメントでどうぞ〜!