バラ@コーヒー校長ブログ

コーヒー大好き。Webマーケティングなどをブログにしていきます。

フォロワーを増やしたければブランディング

ブランディング

 

 

ブランデンングとは

みなさん、こんにちは~

 

今日は、SNSYouTubeをやるにおいてブランディングが大切ということをお話しようと思います。

 

フォロワーを増やしたければブランディングが必要です。

 

ブランディングとは、ブランドを作ること。

 

物販だったら自社の商品の価値をブランドとして明確する。

そして、そのブランドの価値が正しく伝わるように宣伝していくこと。

 

でも、このブランド、高級バックだけではなく、インターネットでSNSYouTubeをやる場合はあなた個人にも必要です。

 

人もブランディング必要

ちょっと考えてみてください。

 

デザインがすぐれたヴィトンのバッグや、フェラーリなどのような高級品はブランドものと言われています。

 

なぜ、ブランドものと言われているかといえば、関係者がブランディング、つまりブランド作りに必死になっているからです。

 

あの、ヴィトンやフェラーリでさえもです。

 

 

あなたは、ヴィトンやフェラーリよりも優れたデザインを持ち合わせてこの世に生まれてきていますか?

 

千人中千人がヴィトンやフェラーリ以下(失礼!)の一般的な普通の人間としてのデザインで生まれてきています。

 

その辺の雑貨屋さんで売っているバッグとヴィトンの差ほど、他の人と差はありません。

 

科学的にも個人のDNAは他人と5%しか違わないと言われています。 

 

ですから、普通の人間ならばブランディングが必要なのです。

 

 

でもすでにブランディングはしている

 

でもすでに、あなたは、無意識に会社や家庭でブランディングをしています。

 

あなたがサラリーマンで会社で課長の職位で働いているとします。

家庭では良きお父さんで、奥さんとお子さんがいるとします。

 

あなたは、無意識に、会社では課長、家ではパパでブランディングしています。

 

会社では課長と呼ばれています。

課長として部下に指示を出し、課長として会議を行い、課長として部下の仕事に責任を持ちます。

課長らしくあろうとします。

 

家庭では、パパと呼ばれています。

パパとしてママである奥さんのいいなりになっていたり、子供には甘いパパであったりします。

指示はだされなくても、ゴミ出しはパパの仕事です。

パパらしくふるまっています。

 

課長もパパもブランディングです。

 

SNSYouTubeで必要なブランディング

 

会社や家庭と同しように、SNSYouTubeでもブランディングが必要です。

 

SNS上でプライベートは全て秘密にしろというのではなく、フォロワーさんやチャンネル登録者に見せるあなたの姿が必要です。

 

例としてマナブさんです。

twitter.com

 

全くの推定ですが、

ちょっと不器用な根暗な青年だけどネットの世界ではちょっと凄腕

というブランディングをしています。

これは、今ひとつ自信がもてない若者にものすごい勇気を与えます。

自分ならできると感じます。

 

もう一つの例として、やまもとりゅうけんさんです。

twitter.com

 

これも推定ですが

オンラインサロンの教祖的存在、でも妻の尻にひかれ家庭を大切にするお父さん

というブランディングです。

 

これは、家庭では奥さんにやられて今ひとつ立場が弱いお父さん、でもネットの世界ではカリスマになれるという夢を与えています。

 

マナブさんの有料情報教材を購入したり、やまもとりゅうけんさんの有料オンラインサロンに加入したりする人は、

いずかは自分もマナブさんや、やまもとりゅうけんさんみたいに成るという夢を持ちます。

 

この夢が、人気の源です。

 

ですから、あなたももしSNSYouTubeの世界で人気ものになりたいのならば、フォロワーやチャンネル登録者に夢を与え、いつかはあなたのようになりたいと思わせるブランディングが必要です。

私も意識

 

私も、うまくいっているかどうかは別としてブランディングを意識しています。

 

私の場合は

  • コーヒー好き
  • バイク好き
  • ITのベテラン
  • やさしく情報提供するおじさん
  • 副業もそこそこの収入

というところでしょうか。

 

何かすごく余裕で、趣味も楽しそう、羨ましい人ですね。

みなさんが私にちょっとでも夢を持ってくれたら成功なのですが、、、。

 

でも実際には、

  • 毎日の生活や目の前の雑用に追われ
  • 想定外に振り回され
  • ない知恵を無理やり絞り
  • 投資などでいろいろな失敗をし
  • 妻と協力してやっと生きていける

平凡な一般人です。

 

まとめ

この記事を読んでくれた人は

SNSYouTubeで頑張ろうという人、

あるいは

現在は将来のために副業をしたい、成功と思っている人かと思います。

 

そのためにはブランディングです。

あのヴィトンやフェラーリもしているのです。

 

あなたも、あなたの理想に近い人でブランディングしてみてください。

 

Twitterでも、SNSの運用や、#フォロワー増える 情報を発信しています。

覗いてみて、よかったらフォローしてくださいね。

twitter.com

 

 

 

 

 

 

 

なんで無料note を書いたの?

無料note 画面入

 

 

初noteリリース

みなさん、こんにちは〜!

 

本日初noteをリリースしました。

無料で、Twitter初心者向けのnoteです。

Twitterを始めたばかりの人、始めてから少しの人、是非読んでください。

 

noteの中でたくさんフォロワーを集めている人の、ヘッダーとプロフィールを掲載して、何が良いのか解説しております。

また、「アイコン力」「ヘッダー力」を鍛える方法も紹介しました。

きっと参考になると思います。

 

なぜ無料noteを書いたの?

無料noteはブログと一緒では?

なぜ無料noteを出したのでしょうか。

それは次の理由です。

■noteは、今、最も熱いメディアである

noteは今、ユーザ数が急成長の文章コンテンツメディアだからです。

日本国内のほとんどのインフルエンサーがnoteに投稿をしています。

 

アドセンス広告はなし、アフェリエイトもできません。

それだけに、非常に読みやすく、ちょっと長い投稿も比較的簡単に読み切ることができます。

スマホでも簡単に読めます。

 

また、書く時のUI(ユーザーインターフェイス)も優れています。

WordPressのエディターに似ているけど、使い勝手は断然上。

慣れてくるともっと早く書き上げられるようになりそうです。

 

■課金できるメディア

今回は無料でしたが、次回は有料noteの執筆を考えています。

私はまだ、経験をしたことがありませんが、

(すでに有料noteを書かれている人から聞いただけですが、)

課金は非常に簡単だそうです。

 

従来型ブログとnote

 

 

では、課金が特徴ならば、無料noteを作る必要がないのかな?

いえいえ、そんなことありません。

無料noteは、広告がありません。

 

逆に自分で広告を貼れるのです。 

無料note中には簡単な自己紹介も広告の一部としてできます。

 

 

運営している #チームマネタイズ の広告です。

チームマネタイズ

 

#チームマネタイズのページはこちらから。

peraichi.com

 

#インプ爆上げ有料noteの紹介

インプ爆上げ有料note

 

ですから、自分をもっと知ってもらうため、それに宣伝の露出度を増やすために、 無料noteを書くべきではないかと考えます。

 
Twitterとの相性がいい

3番目の理由としてはTwitterとnoteの相性がものすごく良いと言うこと。

noteの宣伝をTwitterで非常に簡単にできます。

今回のnoteはこんな感じでリリースを告知しました。

 

Twitter上できれいにはまります。

 

Twitterは非常に拡散力のあるSNSです。

自分のnote、ブログ、YouTubeなどを広く知ってもらうためには、格好の宣伝媒体です。

もちろん、Google検索からの自然流入も期待できます。しかし、Google検索での上位争いは熾烈であり、またある日突然、Google変動で順位が大幅に落ちる可能性もあります。

ですから、Twitterとの相性は非常に重要な要素です。

 

■感想をあとから追加

今回の無料noteの感想をリリース後にTwitterで複数いただきました。

これをnoteの上部に貼りました。

これは、「読者にこんなにいい感想をいただいているよ~、だから読んでね」というものです。Amazonレビューと同じです。

読者の感想を並べる、こんな素晴らし権威づけほかにはないでしょう。

 

これは、紙の本ではもちろんできないし、ブログなどもちょっとニュアンス違うかなって言う感じです。

 

ただ、件数が多くなれば、本文は下の方になります。スクロールしても中々本文が出てこないことになります。

ですから、感想はほどほどにしておきます。

 

まとめ

何はともあれ、書きやすくて、見やいnote

古くて新しい情報媒体。

 

暫くは情報発信ツールとして重要な位置をしめそうです。 

私も、頑張って書いていきます。

2020年 明けましておめでとうございます!

明けましておめでとうございます
 

明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いします!

 

本年最初のブログです!!

 

ということで、今年の目標を書きます。

 

今年の目標

1.ツイッターYouTube、ブログを継続

ツイッター、動画(YouTube)、ブログを継続。

 

特に動画、YouTube

2020年は5Gの時代と言われています。

5Gで容易に動画を配信し、また受信することができるようになります。

動画はテキストよりも格段の内容を短時間に詰め込め、また、短時間で他人に伝達することができます。

今までは動画は特定の人しか作成、配信できませんでした。

しかし、これからはアクションカメラやスマホで簡単に撮影できます。

そして、編集用のPCソフトの充実してきています。

また、YouTubeという優秀なプラットフォームが誰でも無料で使えます。

使わないという選択肢はありません。

 

YouTubeのサムネイル

YouTubeのサムネイル

 

具体的な目標数値です

 

  • ツイッター:フォロワー6000人(2020年3月末)
  • 動画:YouTube100本(現在17本、2020年12月末)
  • ブログ:200記事(現在103記事、2020年12月末)

 

(動画とブログはテーマを絞った方が良いのですが、テーマを絞って今まで何回も失敗しているので、いろいろな動画、雑記ブログとしようかなって思っています。)

 

2.ペライチセミナーを12回開催する

バラはペライチ認定サポーターです。

navi.peraichi.com

 

ペライチという優秀な発信プラットフォームを教えられる立場です。

是非とも、ペライチを教えて、教わった人が目的を達成して欲しい。

昨年はペライチセミナーを2回開催しました。

もう、セミナー講師初心者ではありません。

今年は毎月1回のペースで開催していきたいと思います。

 

昨年の募集ページ

昨年の募集ページ

 

3.ツイッターオンラインサロンを本格化する

 

ツイッターヘッダー20200106

ツイッターのヘッダー


昨年11月から、「バラのツイッター運用支援」を継続して開催しています。

受講生は4名になりました。

そして年末には「バラのツイッター運用支援」をスタート。

9名の方に賛同いただき、#チームマネタイズ を結成。

チャレンジをスタートさせました。

すでに2名の方がマネタイズ成功!!

今年はさらにチームを拡大。

継続して成功者を続出させたいと思います。

 

4.1日1万歩を毎日〜歩く

健康のため、毎日1万歩を歩き続けています。

でも、昨年は年末の12月27日に更新がストップ。

翌日の28日から再チャレンジをしています。

現在8日間連続1万歩達成。

もっともっと連続記録を伸ばしていきたいと思います。

 

5.英語日記、ソロバン稽古を毎日やる

地味なのですが、英語は好きです。

今はブラジルのクリティバ在住のClaudioと毎週スカイプで会話を楽しんでいます。

是非とも継続したいと思います。

Claudio

Claudio

それから、もっと地味なのですがソロバンの稽古も毎日やっています。

自己流ですが頭の体操のため是非とも継続していきたいと思います。

 

まとめ

2020年の目標を5つ上げました。

具体的なものから、曖昧な物まであります。

途中で変更するかもしれませんが、

時々ここに帰って目標を確かめたいと思います。

 

皆様の応援もお願いします!!

 

 

 

 

 

 

 

これは買い!ハリオのハンドミル「セラミックスリム」ご紹介

セラミックスリム

 

ハンドミル使ってますか?

こんには〜

 

みなさん、ハンドミルを使っていますか?

手で回さなくてはいけないので、時間もかかって、面倒って思いますよね。

なんと言っても疲れるし。

私もそうでした。

 

でも、実際に使って見るとすごく良いものです。

今日は、ハンドミルの紹介です。

 

セラミックスリム買いました

 ハンドミルは手動でクルクル回してコーヒー豆を粉にする道具です。

 

私は、普段は電動ミルを使用していますが、

これって思う良いコーヒー豆のときや、一人で飲むとき(普段は妻との二人分を淹れています)はハンドミルを使っています。

 

私が普段使っているハンドミルはこれ、

ハリオのセラミックスリムです。

セラミックスリム

 購入したのは今年(2019年)の9月。

3ヶ月間使ってきました。

使ってきた感想です。

 

良いところ 

1.軽量・コンパクト

なんと言っても軽量コンパクトであること。

サイズは、 幅 150 × 奥行 72 × 高 220mm

重さは240gです。

 

しかもハンドルは着脱式なので外せば、かさばらず、

ものすごく携帯しやすくなります。

 

どこにでも持っていけます

 

2.セラミックで熱が発生しにくい

コーヒー豆を挽く臼がセラミックでできています。

セラミックなので、 熱を持ちません。

 

引いた後、触っても全然熱くありません

 

金属製の臼は熱くなりやすいので、コーヒーの味を変えてしまう可能性があります。

その点、安心です。

 

3.握りやすい

 

豆を引く時、握って安定させやすいです。

見ての通り、真ん中がくびれています。

ここを握って、もう一方の手でハンドルを回します。

 

スムーズに豆を挽くことができます

 

4.値段が安い

 

値段は定価で3000円です。

Amazonなどでは、実価格はもっと安いです。

 

一度に引ける量が1〜2杯分で少ないですが、大概は十分です。

 

5.分解、水洗いができます。

 

部品は全て外せ、水洗いができるので、清潔で掃除の手間が省けます。

分解の方法はハリオの公式ページに動画が掲載されています。

ネジやスプリングなど細かい部品があります。

無くさないように注意してください。

 

手入れが簡単で、清潔です

 

特徴

 

 デメリット

デメリットです。

あまりありませんが、あえて書くと次の3でしょうか。

 

1.挽く粗さの調節がアナログです。

 

電動ミルなのでは、挽く粗さの調節ダイヤルがついていて、デジタルで設定できます。

しかし、このミルは、臼を取り付けているネジを回して豆の粗さを調整します。

ですから、適当に試し挽きをして、粗さを確認して、調整する必要があります。

 

2.一度に1〜2杯分

 

軽量、コンパクトなので仕方ありませんが、一度に引ける豆の量が最大2杯分です。

ですから、ちょっと人数の多い時は2回挽かなくてはいけません。

しかし、2杯分を挽くのにかかる時間は1分11秒程度。

YouTubeで実演をしています)

この時間が長いか、短いかはあなたの感覚しだいです。

 

3.色が一色

 

これをデメリットというかわかりませんが、色が黒の一色のみです。

いろいろな色があると楽しいと思います。

 

 

デメリット

 

YouTube

このハリオ、セラミックスリムを紹介しているYouTubeです。

動画で手短に紹介しています。

また、実際にタイマーで時間を測り、2杯分を挽いています。

挽くのにかかった時間は1分11秒。

予想よりも短かったです。

是非とも参考にしてください。

https://youtu.be/GmDUysdJpkU

 

セラミックスリムのアマゾンと楽天のリンクです。

【アマゾン】

楽天

a.r10.to

 

 まとめ

ハリオセラミックを紹介しました。

ハンドミル?、めんどう!!って思っている方が多いと思います。

 

でも、かかる時間はわずかに1〜2分。

その間、挽く音を楽しみ、

だんだんと強くなっていく香りを楽しめます。

 

コーヒーをのむ前の儀式みたいな感じで、

より一層コーヒーがおいしくなります。

 

そして、メリットとデメリットを総合すると、

私はセラミックスリムは買って損はないと思います。

値段も手頃、強くオススメ!します。

一家に一台、ハンドミル!!

 

わからないことあったら、コメントでどうぞ〜!

 

 

 

清澄白河カフェはしご第2弾!行っちゃいました〜!!

清澄白河カフェはしご第2弾

また行ちゃいました!

みなさん、こんにちは〜!

コーヒー大好きのバラです。

 

先日(2019年11月24日)、東京清澄白河カフェはしごの第2弾ということで、カフェ巡りをやりました!

 

天気は曇り、最高気温が12℃でまずまずの気候。

 

ご機嫌で行ってきました。

 

清澄白河駅出口前

アライズコーヒーロースターズ

arisecoffee.jp

 

一軒目は「アライズコーヒー ロースターズ」さん。

アライズコーヒーさんは雑誌コーヒーマニア10月号の表示になっています。

アマゾンのリンクを貼っておきます。

オーナーの林直樹さんがインタビューされています。

そのページはプレビューで無料で見れるので是非見てください。

 

 

楽天はこちら!

【楽天市場】コーヒーマニア きっと一生、この香りと味に心奪われる。【1000円以上送料無料】:bookfan 2号店 楽天市場店

 

前回の清澄白河カフェはしごの時は、残念ながら店が閉まっていてアライズコーヒーさんには入れませんでした。

ですから、今回は是非とも入ってみたかったカフェです。

 

近くで早くもコーヒーの香が、、、

 

ワオ~!!

ラッキー! 

 

店が開いています。

Googleの店の写真にあった黄色い椅子もありました。

 

ちょっと混んでいましたが、早速、店に突入!!

 

アライズコーヒーへ突入!

 

店内にはたくさんのお客さんがいました。

 

店の中心にいたオーナーの林大樹さんは、すごくフレンドリーでした。

気さくにお客さんと会話をして、コーヒーとともに、コヒータイムを盛り上げています。

 

ひとりで13種類の豆を、次から次へと列をなすお客さんにコーヒーをサービスする林さんのオペレーションはじつに見事でした。

 

また、店内はいろいろなオブジェが置かれています。

私が一番気を引いたのは林さん自身が使用して、絵が残っているスケートボードです。壁にズラッと展示されていました。 

 

 今日は13種類の豆が用意されているとのことです。

残念ながらタイの豆はありませんでした、、、

 

ということで、「フィリピンミンダナオ島 Bundok APO MARIVIC NATURAL」

を頂きました。

さわやかな酸味のコーヒーで美味しかったです。

どちらかというとリンゴのような酸味でした。

 

この豆、店で販売もしています。

一袋、持ち帰りで購入しました。

(100g 1000円)

フィリピンミンダナオ豆2フィリピンミンダナオ島豆

 

 

このブログ一緒に作成したYouTubeではオーナーの林大樹さんがコーヒーを淹れるシーンが見れます。

的確なポッドさばきは見事でした。

ブログの一番したにリンクを貼っておきます。

是非とも見てください。

  

アライズコーヒーさん、絶対にオススメです!

 

林さんとツーショットを撮らせていただきました。

林大樹さん

 

Davidと知り合う

 

ここで、たまたま店に来ていたコロンビア人のDavidと知り合いました。

 

Davidはコロンビア豆の輸入と、弾丸と薬きょうで作成されたアートの販売をしているそうです。

 

日本橋にDKARATE(ディカラテ)ギャラリーを開いているとのことでこの後お邪魔します。

 

Daividと撮らせていただきました。

Davidと

ブルーボトルコーヒー

次はブルーボトルコーヒーへ。

前回は混んでいて入れませんでしたが、今回も同様な混みよう。

 

行列ができていました。

 

ということで、今回は店内の様子を伺うだけにしました。

 

清澄白河ブルーボトルコーヒー

 

 カフェ清澄

ということで、次は清澄通り沿いの「カフェ清澄」にお邪魔しました。

ここのお店は白い壁大きな窓、中がよく見えます。

白の壁に、室内は電灯色の温かみ、思わずお店に引き込まれます。

 

清澄コーヒー

 

店内はカウンターとテーブルが6組み。

日曜日のためか半分以上埋まっていました。

 

カウンター越しにキッチンが見えます。

カフェ清澄さんは主にサイフォンでコーヒーを淹れているようです。

 

コーヒー豆の種類はなかったので、ホットコーヒーを注文しました。

 

コーヒーは程よい苦味がきいていました。

 

清澄コーヒー

 

DKARATEギャラリー

カフェではありません。

3軒目はアートギャラリーです。

アライズコーヒーさんで知り合ったDavidが運営しているギャラリーです。

 

中央区日本橋、最寄りの駅は都営新宿線馬喰横山駅

 

住所は聞いていたので、あまり迷わないはずですが、

初めての所に地下鉄の駅から地上でると、方角がわかないので迷いました。

 

日本橋馬喰町

 

Googleマップを頼りに、ちょっと探し回って10分くらいで到着。

店番をしているDavidから歓迎をしていただきました。

 

DavidとDKARATEギャラリー

 

Davidはコロンビアコーヒー豆の輸入と弾丸アートで有名なフェデリコウリベ(自分は初めてしりましたが、、、)の作品を中心としたのアートの販売をやっているともことでした。

 

コロンビアで有名なコーヒー産地は、ナリーニョ、ウィラですが、Davidの叔父さんが、コロンビアのキンディオで農場をしています。

 

キンディオ県の場所です。コロンビアのほぼ中央です。

コロンビアキンディオ県

 

キンディオ紹介のサイトです。 

cafedecolombia.jp

 

Davidにギャラリーの奥にある、輸入したばかりの生豆を見せてもらいました。また、

コーヒー豆の栽培から選別までのプロセスを説明してもらいました。

 

コロンビアの生豆

 

この後、コロンビアの豆で淹れてもらったコーヒーを2杯いただきました。

 

湯呑のようなカップでコロンビアコーヒーをいただきました

りんごのような酸味がうまくバランスされた美味しいコーヒーでした。

 

 

 

ギャラリーで販売していた、ブルボンハニーをお土産で購入しました。(100g 1000円)

 

今回の「清澄白河カフェはしご第2弾!行っちゃいました〜」は、YouTubeで動画を作成しています。

 

YouTubeにしました

今回の「清澄白河カフェはしご第2弾!行っちゃいました〜」は、YouTubeで動画を作成しています。

約15分の動画です。

アライズコーヒーの林さんのドリップや、DKARATEギャラリーが動画で見れます。

ぜひ、見てくださいね。

 

YouTubeです。

まとめ

今回の「清澄白河カフェはしご」では、念願がかない「アライズコーヒー」さんに行くことができました。

「カフェ清澄」では、落ち着いや雰囲気の中、ちょっとまよやかな苦味のホットこーひーをいただきました。

またコロンビア人のDavidと知り合いアートギャラリーを訪問して、美味しいコロンビアコーヒーをいただけました。

 

大変充実した午後でした。

また、カフェはしごの旅に行きたいと思います。

 

 

 

 

 

【座標旅】ルーレットでコーヒー野点をする場所を決めて行ってきました!

f:id:Yumiinc:20191125140633p:plain

座標軸コーヒー野点


みんさん、こんにちは。

久々の更新です。

 

超おバカな企画をやりました。

人類史上初!?

かもしれない、、、、

 

座標旅(ざひょうたび)!?をしてみました。

座標旅のルール

ルーレットを回して、その出た数字のところへ行き、コーヒー野点(のだて)をします。

 

ルーレットはスマホのアプリで

「Lucky Draw」というものを使用しました。

このアプリは、数字の出る範囲を指定してその間から1個、ランダムに数字を出すことができます。


ルーレットは2回、まわします。

 

1回目が方位、2回目が距離です。

 

方位は真北を0°として、時計回りに360°までです。


ですから、真東は90°、真南は180°、真西は270°になります。
ルーレットは1〜360がランダムに出るようにします。

 

距離はここからの直線距離です。


これもルーレットはアプリを使ってその日に時間的に許される範囲の数字が出るようにします。


今回は夕方には用事があるので、20〜30(km)にしました。

 

 

場所の決め方

場所の決め方

 

あとは、おまけのルールなのですが、次のようにしました。

  1. ランダム数値生成アプリを使用して公正に野点場所を決める
  2. 都合によりアクセス不可の場合は再生成する
  3. 海・山・湖・私有地・立ち入り禁止区域など、アクセスできない場所ではしない
  4. 火気が使用でき無い場所ではしない

 

ルーレットを回したよ


ということで、ルーレットを回しました。

 

1回目は317、2回目は30が出ました。


ここから317°の方向、直線距離で30kmの地点です。

 

この場所は、R123沿線、ちょうど茨城県と栃木県の県境で栃木県側、那珂川のほとりの場所です。

 

下は今回決まったスタートからゴールの地図です。

 

今回の野点の場所

早速出発

水戸千波湖から約1時間走行。


途中でガソリンを給油、そして道の駅「かつら」に休憩も兼ねて寄りました。

道の駅ではコーヒーと一緒にいただく甘味を購入しました。

 

道の駅から再び約30分で目的地付近に到着しました。

 

旧R123上で野点やりました

那珂川のほとりです。

河原でのコーヒー野点は最高です。
ということで、河原へ降りる道を探したのですが、それが全然見つかりません。

 

ウロウロして、道を進んでいるうちに、人の家の庭に入りそうにもなりました。


30分ほどウロウロして、やっと野点ができる場所を発見です。

 

 

河原でやりたかったのですが、発見した場所は古いR123の道上で、撤去された橋に差し掛かるところです。


ここなら誰にも邪魔されず、コーヒー野点ができます。

旧R123上で

旧R123上で

 早速野点の準備に取り掛かりました。


ポットに入れた水をこぼしてしまうトラブルがありましたが、無事にコーヒーがはいりました。

 この辺の状況は動画を見てください。

 

かつどら

 

今回の甘味は、「かつどら」です。


「かつどら」とは道の駅「かつら」で売っているどら焼きなので「かつどら」です。


いろいろな種類がありますが、今回は季節物で、栗の「かつどら」でした。
中に丸ごと栗が入っており、その分厚さには驚きです。

道の駅のリンクを貼っておきます。

https://www.m-katsura.com/

 

1時間ほど野点をやり、帰りはご機嫌で帰ってきました。

 

紅葉にはまだちょっと早かったですが、
天気もよく、寒くもなく、
うれしい、初「座標旅」でありました。

 

今回の旅はYouTubeにアップしています。

迫力あるバイクからの撮影や、コーヒーを野点で淹れているシーンがあります。

ぜひ、見てください!!

 

 

コーヒー動画を始める前に!

コーヒー動画を始める前に

 

 

こんにちは~、いかがお過ごしですか?

私はコーヒー好き!!!

かれこれ何十年と、毎日コーヒーを何杯も飲んでいます。

ですから、安い、おいしい、楽しい、手間のかからないコーヒーを何十年と探し続けています。

 

ということで、YouTubeでバラ@コーヒー校長として、コーヒー動画の発信をスタートいたしました。

 

www.youtube.com

 

そして、YouTubeの補助として、そして、このブログでもコーヒーも扱っていきたいとと思います。

 こんな感じで写真も載せて行きます。

 

ハンドドリップ

コーヒーの市場は大きい

ただ好きだからでだけではなく、、

「好きだからやる」というのは立派な理由です。

しかし、「好きだからやる」だけでは、人は集まりません。

「好きだからやる」その分野のマーケットの大きさと、自分のポジションを検討し、自分の発信を受け取ってもらえるようにする必要があります。

マーケットとポジション

マーケットとは、それに関係したり、興味を持っている人がどれだけいるかです。

また経済的活動(ずばりお金がどのくらい動いているか)がどのくらいあるかということです。

 

ポジションはそのマーケットでどのような立ち位置で発信を行っていくかです。

ひとつのマーケットの中でもいろいろな分野があります。

その中でどの分野を手掛けていくかです。

 

そして、大雑把にいえば、マーケットは戦略で、ポジションは戦術になります。

 

 マーケット選定で間違ってしまうと、いくらポジションがよくても、取り返しはできません。

 

Googleキーワードで検索

 マーケット、特に、ネット上のネット上のマーケットを知るために、Googleキーワードを使用して規模を調べてみました。

Googleでのキーワード検索数がずばり、ネット上での需要です。

キーワードは他にも有ると思うのですが、とりあえず「コーヒー」「ハンドドリップ」「ばりスト」など関係のありそうなキーワードでチェックしました。

Googleキーワードの使い方は過去のブログで説明したので、よかったら見てください。

 

www.arakan.life

 

下の表が検索結果です。

数字が月間の検索数で多いほどGoogleで検索されています。

競合は規模には関係ありませんが、このキーワードでどのくらい広告を出している人がいるかです。

高のほうが、広告数が多く、低のほうが広告数は少ないです。

 

キーワード 月間検索数 競合
コーヒー 450000
キャンプ 165000
バリスタ 49500
コーヒー 豆 49500
美味しい 40500
ブルー ボトル コーヒー 40500
水 出し コーヒー 22200
ドリップ コーヒー 18100
楽しい 14800
安い 12100
ブラック コーヒー 6600
パーコレーター 6600
スペシャルティ コーヒー 5400
焙 煎 4400
ハリオ v60 3600
コーヒー 焙 煎 3600
キャンプ コーヒー 3600
ハンド ドリップ 2900
アウトドア コーヒー 2400
 

 

見ていただければ、分かりますがコーヒーの月間検索数は45万件、かなりおおきな市場といえます。

ちなみに、全く関係ありませんが、キーワードとしての「プロ野球」は 409万回、「猫」55万回です。

そのくらいの規模です。

これもちょっと脱線しますが、「安い」「おいしい」「楽しい」などのキーワードを一緒に検索する人がいます。

つまり、Google検索で引っかかるためにはこれらの形容詞も重要なキーワードになります。

(このブログの冒頭も「安い」「おいしい」「楽しい」などのキーワードを入れています)

コーヒー分野のユーチューバーをチェック

私は、YouTubeでの動画発信を主軸に考えています。

ですので、コーヒーの分野で現在どのようなユーチューバーがいるのかチェックしておく必要があります。

YouTube コーヒー」で検索をかけてみます。

出てきた結果からです。

トップはCoffee Worldのカズマックスさん

www.youtube.com

コーヒー動画では有名な方です。

チャンネル登録者は約3.3万人です。

内容は美味しいコーヒーの淹れ方、器具の紹介など。

2017/10公開の「コーヒー器具Best5」は12万回再生されています。

 

2位は高橋ユウ太のコーヒー動画のユウ太さん

www.youtube.com

チャンネル登録者は約1.1万人です。

内容はコーヒーの淹れ方から、味わいまで。

基本的なことを説明しています。

2017年2月からチャンネルをやっているそうです。

2017/6公開の「ジップロックにコーヒー豆を保管するとどうなるか ペットボトルに保管した豆と比較してみた」は4万6千回再生されています。

 

3位はMeisterTanakaさん

www.youtube.com

正確には3位かどうか分かりません。

チャンネル登録者は1,530人です。

内容はコーヒーのおいしい淹れ方など。

2015年2月に公開した動画は8万回視聴されています。

すごいです。

 

バラがよく視聴するビジネス系ユーチューバーはもっと大きい

一方の分野は違って、ビジネスや教育分野ですが、バラがよく視聴するユーチューバーはもっとたくさんのチャンネル登録者がいます。

トップは中田敦彦さんかと思っています。

 

www.youtube.com

 

中田敦彦YouTube大学はチャンネル登録者数は114万人。

まなぶさんはチャンネル登録者数は14.7万人。

イケハヤさんはチャンネル登録者数は5.7万人。

山本りゅうけんのりゅうけんチャンネル登録者数は4.7万人。

 

などなど。

この分野はすでに強豪がひしめいているといえます。

イケハヤさんが最近のユーチューブで、空いた椅子の取り合いと言っていましたが、この分野ではもうそうなっていうのでしょう。

 

もちろん、コーヒーのユーチューブを聴いても、ビジネスの役には立ちません。

しかし、だれでも好きなコーヒーで、強豪が少ない分野で勝負するという戦略はありだと思っています。

 

コーヒーのマーケットとポジションを検討する

それでは、改めて、今まで調べて来た結果からマーケットと自分のポジションを検討してみます。

マーケット

コーヒーの月間検索回数は45万回。

まずまずの規模ではないでしょうか?

 

そして一般的なコーヒーの消費量の推移を見ます。

こんな感じです。

コーヒー消費量推移

コーヒー消費量推移

出典:食料産業新聞社Web。

日本のコーヒー消費量は、2017年は減少したものの、増加傾向にあり、まだまだ増加すると予測されています。

人口が減少傾向にも関わらず、需要が伸びているということは、コーヒーが好きな人が増えているということではないでしょうか。

マーケットは良しと判断します。

ポジション

自分はずばり野点(のだて)コーヒーを狙いたいと思っております。

のだてとは外でお茶を飲むことです。

ざっとユーチューブを見た限りでは、外でコーヒーを淹れて飲んでいる人はいません。

キャンプでのコーヒーの淹れ方動画はありましたが、あくまでのアウトドアとしてのコーヒーです。

ですから、野点コーヒーの席は空いていると判断します。

ですので、自分は野点コーヒー分野でい攻めると判断しました。

まとめ

コーヒーの情報発信する事前調査として、マーケット規模とポジションを検討しました。

これはマーケットの基本とも言えると思います。

もっと詳細にやろうと思えば、SWOT分析などもありますが、個人でやることなので省略いたしまます。

みなさんが、何か情報発信をはじめようとするとき、「好きだから」発信するということだと思います。

決してそれで間違ってはいません。

 

ですが、もし、自分の発信を多くの人にみてもらうことを考えていたなららば、スタートする前に「マーケット」「ポジション」の検討は必要です。

 

マーケットが極端に小さかったり、大きくても強力な先行者がたくさんいれば、あなたが割り込んで、あなたの発信を視聴者に見てもらえる可能性は残念ながら小さいです。

 

そんなリスクをおかさないためにも、是非とも「マーケット」「ポジション」の検討をやってみてください。

 

最後にですが、私は勉強のため、先に上げたコーヒーユーチューバーの動画は全てチェックするつもりです。

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。