アラかんブログ

アラ環のITエンジニアです。一部上場企業で課長まで昇進しましたがあえなくリストラで退職。転職先ではしがない平社員。以来複数収入を目指して悪戦苦闘中。そんな日々をブログを書いて行きます。

まだまだ現役、白いコンクリートと曲線が美しい三会堂ビルへ行ってきた

f:id:Yumiinc:20181114163738j:plain


こんにちは、アラかん亭です。

昭和の香りがするが、まだまだ現役で頑張っている古いビルを暇に任せて訪ねています。

これらのビルは東京の再開発に伴い、徐々に姿を消しております。少しでも、その姿を写真に残せたらと思っています。

先日、東京都港区赤坂の三会堂ビルを見学してきたので、写真をご紹介します。

このビルはネットで調べても再開発計画は見つからなかったので、取り壊し予定は決まっていないようです。

しかし、大変良い立地(アメリカ大使館の隣)なのでいつ再開発計画が決まってもおかしくありません。

今回は短時間での訪問でしたので、あまり写真を撮れませんでしたが、ビルの雰囲気は十二分に味合うことができました。 

 

三会堂ビルディング

このビルは1967年竣工です。現在は築51年ですが、外観からは古さを感じられませんした。

ビルは地上9階地下3階の構造です。

住所は東京都港区赤坂1丁目9−13でアメリカ大使館の斜め正面にあります。

f:id:Yumiinc:20181115085202j:plain

設計は佐藤兄弟設計(佐藤総合計画)で、先日紹介した新橋駅前ビルと同じ設計事務所になります。1960年代はこの事務所の設計のビルが大変流行っており、たくさんのビルの設計をしたと思われます。

www.axscom.co.jp

 

三会とは、大日本農会大日本山林会大日本水産会の農水産系の団体で、これらの三団体が共同建てたビルだからだそうです。現在は財団法人の農林水産奨励会で管理されているようです。

農林水産奨励会

ビルの表面の3階以上は白い格子状のプレキャストコンクリートで装飾され、全体の基調を明るくしております。

メンテをしているおかげと思いますが、コンクリートは白く美しく、51年たってもまだまだモダンな佇まいです。

同く佐藤総合計画の設計ですが、新橋駅前ビルとは違ったデザインとなっています。

f:id:Yumiinc:20181114164049j:plain

裏からの外観

写真は、空の明るさにひかれてビルが暗くなってしまってすみません。

 

エントランス

エントランスは石のタイル、壁は細かいモザイクでデザインされていました。

f:id:Yumiinc:20181114164045j:plain

石垣隈太郎氏の銅像

エントランスには、北洋漁業の先駆者で、2代目ビルの建造で多大な貢献をした石垣隈太郎氏の銅像がありました。

f:id:Yumiinc:20181114164159j:plain

足踏み脱穀

f:id:Yumiinc:20181114163952j:plain

タイルでデザインされた時計

脱穀機の上には壁と同じ色合いで壁時計がありますが、壁と同じデザインなので目立ちませんした。

エレベーターホール

f:id:Yumiinc:20181114163949j:plain

エレベーターホール

エレベーターは竜宮城の入り口のようでした。凝った作りです。全体として曲線がモチーフにしているようです。

地下の階段

エントランスの手前から地下に降りる階段がありました。

ここも曲線が使われております。

階段の上周りは細かいきれいなブラウンのタイルで装飾されていました。

階段は地下の洞窟へ降りるような感じでした。

f:id:Yumiinc:20181114163942j:plain

地下へ降りる階段

f:id:Yumiinc:20181114163725j:plain

階段下から撮影

階段下では上から十分に光が差し込んでおり、逆に天へ登るようでした。階段の裏のスペースも曲線が使われておりました。物が置かれておらず、キレイな状態で保たれていました。


窓と内部の階段

f:id:Yumiinc:20181114163732j:plain

丸窓

最上階(9階)から屋上をのぞく窓は船の窓のようでした。

f:id:Yumiinc:20181114163946j:plain

内部の階段

ビル内部の階段は雰囲気のある作りでした。

踊り場は半円形になっており、壁は白く上から優しい明かりで照明されていました。

 

まとめ

今回は、ちょっと訪問しただけなので、十分に写真を撮れませんでした。農林水産関係の団体が建てたビルだけに、デザインは何となく船と海水面下の竜宮城をイメージをしたことを感じられました。

9階には「石垣記念ホール」があり、凝ったつくりになっていると聞いていましたが、残念ながら見学できませんでした。チャンスがあれば見学したいです。

今後も味わい深い昭和なビルを訪問したいと思います。

 





 

 

不動産屋さんの中【宅建士の不思議】

f:id:Yumiinc:20181113220302j:plain

 

こんにちは、アラかん亭です。

皆さんは宅建士(宅地建物取引士)という資格をご存知でしょうか?

宅建士はアパートを借りたり、土地や家を買ったりするなど不動産取引きをする際、物件の説明や契約書へ責任の署名と押印をしてくれる不動産屋さんの従業員です。

でも、この宅建士は不動産屋さんの従業員でありながら、お客さんの味方をするように法律(宅地建物取引業法)で決められています。

宅建士は土地や建物を買うお客さんの味方ですね。

でも、お客さんが自分たちのために宅建士雇い、費用を払うのならば分かります。

しかし、彼らに費用(給料)を払っているのは不動産を売ろうとする不動産屋さんなのです。

これってものすごく不思議ではありませんか?

今回はこの宅建士について私なりの謎解きをします。

 

宅建士とは

アパートを借りるときや、家や土地を買うときは必ず宅建士のお世話になります。

不動産屋さんの中の人なので、どの人が宅建士なのか気づかれない方もいるかと思います。しかし、宅建士は試験に合格して、特別に資格を与えられた不動産屋さんのエース的人材なのです。

法律で、不動産の取引の際、物件の説明や契約書への記名押印が宅建士に義務付けられ、宅建士が関わらないと不動産取引をしてはいけないことになっています。

責任を持ってその説明をするのが宅建士です。

詐欺や嘘、そして勘違いなども許されません。

ですから、宅建士のおかげでお客さんは安心して土地や建物を購入できるという構図になっています。 

不動産屋さんが雇う宅建士の人数もお店の規模により何人以上ときちんと決められています。

宅建士は都道府県知事が認定する公の資格です。

現在、全国で資格保有者は101万人、免許証を交付申請した人は51万人とのことです。

資格所持者の人数が多いのは宅建士試験に合格すると死ぬまで資格保持者になるためです。

 

 

様々な規制を受ける不動産屋さん

不動産屋さんは宅建業法で、様々な規制を受けています。

 不動産取引きは本来誰でも自由にやって良いものなですが、宅建業法(宅地建物取引業法)という法律により「不特定多数の人に、反復継続して」で不動産取引をする場合、不動産屋さんの免許(宅建業者免許)が必要になっています。

不動産屋さんの免許は厳しい基準が設けられており、申請すれば誰でも免許をもらえるわけではありません。

そしてさらに不動産屋さんはお客さんと契約をとりかわすお店には必ず宅建士を雇わなくてはいけません。(規模により人数も規定されています)

宅建士の不思議な立ち位置  

不動産屋さんに雇われた宅建士は不思議な役目を負わされています。

宅建士は不動産会社に所属しながら、先にも書きましたが、顧客の利益保護のために働かなくてはいけません。

お客さんの味方なのです。

不動産会社から見れば、せっかく給料を払っているのに、彼らは自分たち会社のために働かず、お客さんのために働くのです。

法律の条文も見てみましょう。

宅建業法の中の宅建士の説明です。

第十五条 宅地建物取引士は、宅地建物取引業の業務に従事するときは、宅地又は建物の取引の専門家として、購入者等の利益の保護及び円滑な宅地又は建物の流通に資するよう、公正かつ誠実にこの法律に定める事務を行うとともに、宅地建物取引業に関連する業務に従事する者との連携に努めなければならない。

宅建士は「不動産業者(宅地建物取引業者)に勤めながら、土地や建物を購入する人の利益を守らなくてはいけない。」ということです。

宅建士の本当の仕事

この矛盾に対して、私なりの回答です。

それは宅建士は不動産業界保全のため、悪徳不動産業者、つまり悪い業者がお客さんを騙して莫大な利益をむさぼることを抑えるためです。

業界の見張り役です。

不動産業は悪く言えば他人の資産(土地や家)を右から左へ流すだけでお金が儲かる仕事です。できれば、業界関係者全員で、細く長く儲ける(みんなで長い期間甘い汁を吸う)ことをしたいのです。

しかし、中には目先のお金に目がくらみ、業界関係者の迷惑を顧みず、お客さんを騙して大儲けする不埒な悪徳業者が出てきます。

このような業者がたくさん出てくると、不動産業界の大問題です。この事態は是非とも避けなければいけません。

このような抜け駆け業者を出ないようにする仕掛けが宅建士なのです。

つまり、業界全体の利益保護のため働くのが宅建士なのです。これならば、不動産業者がお金を出して宅建士を雇う理由がわかります。

決して、お客さんのためではありません。 

 

まとめ

私は、世の中の仕組みは全て複雑であり、表面上のことだけで説明がつくことはむしろ少ないと思っています。

不動産業界にしても、自ら規制を作り、自分たちの首を絞めるようなことはないはずです。

規制を作ったなら必ずそれ以上の見返りはあるはずです。

宅建士制度の見返りは、悪徳不動産会社を抑制するためです。抜け駆けを許さず、緩く長く不動産業界を維持することです。

これが真の狙いではないでしょうか。

ここまで読んでいただきありがとございました。

 

「4つの緑の家と赤いホテル」ロバートキヨサキから学ぶ英語とお金持ち思考(1ヶ月目)

f:id:Yumiinc:20181112183641j:plain


こんにちは、アラかん亭です。

いかがお過ごしですか?

私は今ロバートキヨサキ英語を継続して勉強しています。ちょうどスタートしてから1年経ちました。今回は復習しながら、1年前に学んだ「4つの緑の家と赤いホテル」をまとてみます。

 

ロバートキヨサキ英語とは

ロバートキヨサキ英語とは「ロバートキヨサキマスター英語マスタープログラム」のことです。

「金持ち父さん貧乏父さん」の著者ロバートキヨサキの英語講演を同時通訳者の小熊弥生先生の解説でビデオで学ぶものです。

毎月のテーマを、8〜12編の約10分程度のビデオで学びます。

さらに、リアルで集まるフォローアップ講座が月1回あります。

ロバート・キヨサキのお金持ち思考を英語で直接聴くことにより、英語とお金持ち思考を同時に学べます。

2017年11月より講座がスタートしました。

ロバートキヨサキ英語のサイトです。興味がある方はのぞいて見てください。そして、一緒に学びませんか!

www.english-master.jp

 

 

今月(1ヶ月目)のお金持ち思考

1ヶ月目のビデオは13本でした。ちょっと分量が多っかたです^^;

 

「4つの緑の家と赤いホテル」

 

冒頭で金持ち父さんとロバートキヨサキのやり取りでこのフレイズが出てきます。

ロバートキヨサキは初めて金持ち父さんの教えを受けに行った時、「4つの緑の家と赤いホテル」と言われました。

正確には「4つの緑の家を売り、1つの赤いホテルを買う」の意味です。

つまり不動産のことを勉強して、不動産取引ができるようになりなさいと言うことです。

これがロバートキヨサキの原点です。

 

金持ちになるために借金をする

さて、今月のタイトルは「GO INTO DEBT TO GET WEALTHY」です。

直訳すると「富を得るために借金をする」ということでしょうか。

「え〜!借金をして金持ちになれるの!?」と誰でも驚きます。

私たちは子供のころ教わりました。

借金は人生の破滅、貧乏の始まりであると。借金地獄なんて言います。

私たちは【借金=悪】のイメージが強いです。

でもロバートキヨサキは【借金=他人のお金を利用できる→金持ち】と考えているのですね。

ロバートキヨサキは言います。

「不動産を買うときは借金(他人のお金)で買いなさい、しかも、100%借金で。」

今の日本では「かぼちゃの馬車」事件以降、銀行の融資が厳しくなり、購入代金の100%融資(フルローン)は難しくなりました。

また、借り入れ比率が高くなると、ちょとした空室でもキャッシュフローが回らなくなります。

私の実感では借り入れ比率60%程度が限度でしょう。

ですので、私は(たとえ可能でも)100%借り入れで不動産を買う気にはなれません。

しかし、彼の考え方自体は、有効だと思います。

借金の2大メリットは他人のお金を利用できること、そして、節税できることです。

そして、不動産の購入は借金ができます。銀行は土地や建物を担保にすることでお金を貸してくれます。

これが不動産の特長です。

ですから、金持ち父さんは不動産のことを勉強しろと言うのです。

今月のお金持ち思考のポイントです。

  • 借金 → 他人のお金を利用できる
  • 借金 → 節税できる
  • 不動産で借金をできる
  • 不動産のことを勉強して億万長者になる

今月(1ヶ月目)のロバートキヨサキの英語表現

【ロバートキヨサキの英語表現】

You have to take a course in real estate.

【和訳】

不動産投資に関する講座を受けなさい。

【ポイント】

take a course」 で講座を受ける。get a coureseとは言わないようです。

in real estate」不動産関連の講座ということで前置詞'in'を使用しています。

日本人ならつい「a real estate courese」 と言いたくなりますよね。

前置詞は時々日本人では思いつかないような用例があります。

まとめ

 1ヶ月目からロバートキヨサキ節が炸裂です。

世間の常識は彼の非常識。

タイトルの「GO INTO DEBT TO GET WEALTHY」、お前何いってるんだ?

ロバートキヨサキにしてみると、これこそが金持ちへの道なのでしょう。

 

 

    

ロバートキヨサキは左の「金持ち父さん貧乏父さん」で有名になりました。右の「金持ち父さんはもっと金持ちになる」からロバキヨ英語の講義が行われています。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

取り壊しまであと3年、新橋駅前ビルへ行ってきた

 

f:id:Yumiinc:20181109195454j:plain

新橋駅前ビル1号館

 

 

楽しめるのはあと3年?新橋駅前ビル

こんにちは、アラかん亭です。

先日、東京へ出張した帰りに新橋駅前ビルへ寄ってきました。

新橋駅前ビルはものすごく昭和なビルでした。

地上9階、地下4階です。地上1、2階、地下1階は飲食店が多数あり、「サラリーマンのオアシス」と呼ばれています。

すでに再開発計画が決まっており、このビルは2022年から解体される予定です。2022年のいつまで使えるのかは分かりませんが、このビルの寿命はあと約3年です。

非常に残念です。

JR新橋駅から徒歩1分、地下でも新橋駅とつながっておりアクセスは最高です。

竣工は1966年、築52年の古いがまだ現役のオフィスビルです。

プロフィリットガラスと呼ばれる、縦に溝の入ったガラスの格子状の外観が特徴です。

全体的にダークグレーで、ビル群の風景に溶け込んでしまっており、低層なので目立ちません。

デザインはなんとなく「ウルトラセブン」の雰囲気です。

ウルトラセブン」は1967年から放映なのでまさに同時代です。ビルは今はダークグレー色ですが、建設当時が銀色だったのかもしれません。

建設は佐藤武設計事務所です。

藤武雄は建築家であるとともに、音響の専門家であり、音響が良い早稲田大学の大隈講堂は恩師の佐藤功一との共同設計になります。

藤武雄事務所は現在は佐藤総合計画と名前が変わっており、東京国際展示場など数々の有名な建物を建造しています。

私の故郷の群馬県庁も佐藤総合計画の設計です。

www.axscom.co.jp

新橋駅前ビルは1号館、2号館の2つの建物があります。

ゆりかもめの駅を挟んで左の大きな方が1号館、右が2号館です。

f:id:Yumiinc:20181110030426j:plain

 

地下1F

f:id:Yumiinc:20181109164225j:plain

地下1Fの入り口

雨が降っていたので、新橋駅から地下を通り地下1Fからビルに入りました。

f:id:Yumiinc:20181109164222j:plain

地下1Fの案内板、レトロ感たっぷり

案内板でビルの形がわかります。三角形の部分があるのは3階までで、4階から上は縦の部分と横の部分だけになります。

地下1Fは飲食店街です。

 

f:id:Yumiinc:20181109163142j:plain

50年稼働していると言われているエスカレーター

地下から入るとすぐに開業以来稼働(52年?)していると言われているエスカレータがあります。

デザインはレトロです。

幅は狭く、2列では乗れません。

部品は交換しているでしょうけど、機械もので50年稼働は信じられません。

 

f:id:Yumiinc:20181109163138j:plain

エスカレータ1階部分

f:id:Yumiinc:20181110053634j:plain

 入り口すぐのパーラーキムラヤのショーケース。レトロな雰囲気です。

 

f:id:Yumiinc:20181110050559j:plain

地下1階のステーキハウス

オープンな雰囲気のステーキハウス。反対側には居酒屋一番どりがあります。

 

f:id:Yumiinc:20181109195628j:plain

北東角トイレ付近から

 

f:id:Yumiinc:20181110064722j:plain

1号館南側の入り口、背中方向は2号館

地上1F

f:id:Yumiinc:20181110052033j:plain

名物の狸の銅像

地上1Fの玄関中央には名物の開運狸「狸広」の銅像があります。

ビルができる前はこの辺りは狸小路と呼ばれていたため、狸の銅像が置かれたようです。

 

f:id:Yumiinc:20181109163947j:plain

玄関横の階段壁の彫刻

狸の横から地下へ降りる階段には壁に抽象的な彫刻が掘られていました。手すりは昔はなかったのではと思います。

安全のためでしょけど彫刻が目立たなくなっています。

 

f:id:Yumiinc:20181110055556j:plain

昔は案内嬢がいた大理石のカウンター

入り口脇の昔は案内嬢がいたという大理石のカウンター。

緑の公衆電話が置かれています。電話台にしては豪華すぎますね。

カウンターの前には最近設置したと思われるタッチパネル式案内表示ディスプレイ。

ビルの雰囲気とは合わずチグハグ感を漂わせていました。ビル内の他の場所にもありましたが、使っている人は見ませんでした。

f:id:Yumiinc:20181110054706j:plain行列のできる洋食屋「ポンヌフ」。ナポリタンとハンバーグが美味しいようです。

 

f:id:Yumiinc:20181109164216j:plain

とんかつ「まるや」入り口がとにかく狭い 

南入り口脇のとんかつ「まるや」。ここに店があるかと思うくらい入り口が狭い。しかもトイレの横。

この店も行列ができていました。

 

 

2階

f:id:Yumiinc:20181110044640j:plain

三笠パル、ワインと洋食のお店

エスカレーターを上がったところにある三笠パル。

会員制のワインコースがあるそうです。実は、セミナーの後の懇親会で一度入ったことがあります。雰囲気のある店です。

 

f:id:Yumiinc:20181109163347j:plain

池波正太郎がよく訪れたビーフン東

北東のトイレ近くにあるビーフン東。

鬼平犯科帳」の作者で食通の池波正太郎先生がよく訪れたそうです。残念ながら自分が行った時間は準備中でした。

 

f:id:Yumiinc:20181109195632j:plain

2F下りエスカレータの乗り口

f:id:Yumiinc:20181110061707j:plain

トイレは日本では珍しいチップ制でした。

 

3階以上

f:id:Yumiinc:20181110061442j:plain

ひっそりとしているオフィスエリア

3階より上はオフィスエリアになります。2階までと異なりひっそりとしていました。階段一つ上がると別世界です。

 

f:id:Yumiinc:20181110062126j:plain

いきなり渡辺直美の立て看板の事務所が、、

静かなのでですが、のぼりや渡辺直美の立て看板を設置している派手な事務所がありました。

モーターボートレース関連の社団法人の事務所のようです。

 

f:id:Yumiinc:20181110063644j:plain

北西の階段

エレベータ脇の北西の階段です。木の手すりが雰囲気を醸し出していました。

屋上へ行きたかったのですが、残念ながら立ち入り禁止でした。

 

 

新橋駅前ビル2号館

f:id:Yumiinc:20181109163133j:plain

新橋駅前ビル2号館の地下入り口

ゆりかもめの駅を挟んで新橋駅前ビルの2号館があります。2号館も地上9階建です。地下で1号館、新橋駅とつながっています。

 

f:id:Yumiinc:20181109195510j:plain

2号館地下の居酒屋横丁

飲み屋横丁をイメージしています。

床は清掃が行き届いてピカピカでした。

 

f:id:Yumiinc:20181110065006j:plain

2号間の外観

2号間の外観です。残念ながら正面は駐車場でトラックが止まっているため、キレイな写真は取れませんした。

最後に

新橋駅前にこんなレトロなビルがあっていいの?と思われるくらい昭和の匂いがするビルでした。

外人の観光客もたくさん歩いていました。

残念ながら再開発がすでに決まっており、2022年には取り壊されます。あと3年です。

取り壊される前に、1Fの洋食屋「ポンヌフ」や2Fの「ビーフン東」に入ってみたいと思います。

読んでいただきありがとうございました。

 

GoogleAdSenseに合格する方法

 f:id:Yumiinc:20181110210853p:plain

こんにちは、アラかん亭です。

念願かなってGoogleAdSenseに合格しました。

1回目は落ちて、2回目の申請で念願成就です。

すごくうれしいです!

ブログの諸先輩が書いているAdSense合格のためのノウハウをじぶん参考にいたしました。これらの情報を載せてくれていた皆様にに感謝申し上げます。ありがとうございます。

今日は、これからGoogle AdSenseを合格するために私のやったことを合格する方法(ほとんど体験記ですが)としてお伝えします。

 

 

1回目は不合格

1回目の申請を出したのが先月10/13でした。

ブログの諸先輩が書いているAdSense合格記事を一通り読んでいたので、まあ大丈夫だろうと軽い気持ちで申請しました。

今までのブログに貼り付けてあったAmazonアソシエイトAmazonアフェリエイト)は念のため削除しておきました。

Amazonアソシエイトは以前に承認を得られていたので、アフェリエイトを張っていた)

通常は1日程度で結果が返ってくるということでしたが、申請後は受付確認のメールはなく、数日が経過したので、Googleへ確認のメールを出しました。

その返信が下記です。

残念ながら不合格でした。

f:id:Yumiinc:20181111090305p:plain

他の人のブログにも書いてありますが、Googleは理由を明らかにしないため、何が不合格の原因が全く分かりません。

仕方ないので「AdSenseプログラムポリシー」と「AdSenseのご利用条件を満たしているか確認する」をもう一度読み直しました。

 

メニューバーを設定する

AdSenseプログラムポリシー」も「AdSenseのご利用条件を満たしているか確認する」はボリュームが多く、色々なことが書いてあリます。

そこで、比較的分かりやすい「AdSenseのご利用条件を満たしているか確認する」を中心にもう一度チェックしてとりあえず再申請することにしました。

support.google.com

この「AdSenseのご利用条件を満たしているか確認する」の中で「他にはない魅力があるか」「興味を引く独自のコンテンツがあるか」は言わんとしていることは分かりますが、すぐにどうなるというものではありません。

すぐに改善できそうなのが「操作が簡単で分かりやすくなっているか」という項目です。

私のブログにはメニューバーやサイドバーのカテゴリまとめなどありませんでした。GoogleAdSenseの広告を張っている人のブログを見るとこれらをきちんと設定している人が多いようです。

そこで、設定方法を調べて、ブログに設定しました。

はてなブログでの設定方法を書きましたのでご参考ください。

 

www.arakan.life

肌の露出が多い写真は差し替える

もう一つ行ったことは、写真の中の人物が普通に服を着ていますが、比較的肌の露出が多い写真があったので差し替えました。

これは他の人のAsSenseに合格するためのブログで水着写真は避けたほうが良いということが載っていたからです。

AdSenseのポリシーでは「アダルト」「成人向けテーマ」は禁止事項になっています。水着や肌の露出が「アダルト」「成人向け」とは思いませんが、念のために行いました。

ダウンロード写真にクレジットを表示する

 ネットからダンロードしてブログに使用した写真は全て版権はフリーのものですがクレジット(撮影者の名前)を付けるようにしました。

私は無料で版権フリー、しかもキレイな写真が多いUnsplashを多用しています。

https://unsplash.com/

しかし、写真をダンロードするたびに「embed a credit badge」という表示が出るので、写真編集ソフトを使用してクレジットを入れるようにしました。

1回目は写真のクレジットが無くて不合格になったとは思いませんが、写真を無料で使わせてもらう感謝としてクレジットを表示するようにしました。

f:id:Yumiinc:20181111095928j:plain

2回目の申請をする

11/9 の午後、2回目の申請をしました。

1回目の申請から22日目でした。他の人のブログで次回申請まで約2週間程度をあけたほうが良いとのことでしたので、まあ妥当でしょう。不合格の理由が依然として分からないので、自信はあまりありませんでした。

申請後はブログの訪問者数を細かくチェックしていつGoogleの担当者が訪問して審査するのか気にしていました。確証はありませんが、11/9の夜にちょっとだけPV数が上がったので審査してくれたのだと思います。

そして11/10の朝8時45分に合格のメールをGoogleよりいただきました。

不合格時、合格時のブログ仕様まとめ

何が原因で前回は不合格になったのかは分かりません。

合格までに変更したたところは、記事数増えたこと、トップナビゲーション表示、サイドバーカテゴリ表示、ダウンロード写真クレジット表示をするようにしたくらいです。

私のブログのPV数は相変わらず3〜10PV/程度の低空飛行です。低いPV数でも合格するので、PV数が審査対象になってはいないと思います。

また、ブログのコンセプトはあるのですが、好きなことを書きなぐっているだけなので、ほぼ雑記ブログ状態です。特化ブログか雑記ブログかも審査の対象ではないようです。

 

不合格時のブログ仕様

ブログ開設 9月23日
更新スパン 1週間に3~4記事
記事数 15記事
ブログジャンル 副収入、お金持ち思考ブログ
PV 1日5~10PV
固定ページ なし
アフィリエイトリンク なし
外部リンク あり
SNSリンク あり
問い合わせ先 あり
プライバシーポリシー あり
サイトマップ あり(Google Search Consoleに登録)
トップナビゲーション表示 なし
サイドバーカテゴリー表示 なし
ダウンロード写真クレジット表示 なし
ブログランキング なし
平均文字数 1500文字程度
はてばブログテーマ Handwriting

 

合格時のブログ仕様

ブログ開設 9月23日
更新スパン 1週間に3~4記事
記事数 31記事
ブログジャンル お金持ち思考ブログ、ライフハック、各種設定方法、不動産投資
PV 1日3~10PV
固定ページ なし
アフィリエイトリンク なし
外部リンク あり
SNSリンク あり
問い合わせ先 あり
プライバシーポリシー あり
サイトマップ あり(Google Search Consoleに登録)
トップナビゲーション表示 あり
サイドバーカテゴリー表示 あり
ダウンロード写真クレジット表示 あり
ブログランキング なし
平均文字数 1500文字程度
はてばブログテーマ Handwriting

 

最後に

1回目に不合格になった時は不合格の原因が分からず、大変悩みました。

2018年からGoogleAdSenseの審査が厳しくなったと聞いています。ですので、再チャレンジするにしても、不合格が続くようなら泥沼にハマるのでGoogleAdSenseは諦めめようかとも思っていました。

幸いにして合格しましたが、正直、改善点の中で何が良かったのか分かりせん。

これからチャレンジする皆さんへは、不合格になってもあまり神経質にならず、何か改善を行って適当に申請を続けることをお勧めします。

現在は広告の貼りかたを他の人のブログを参考にさせていただきながら試行錯誤しています。AdSenseは合格することが目的ではなく、訪問してくれた人が広告クリックしてくれることが目的です。広告の貼りかたも重要でしょう。

広告の貼りかたで知見を得られたならば、またブログで報告しまし。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

「資産にフォーカスする」ロバートキヨサキから学ぶ英語とお金持ち思考(12ヶ月目)

f:id:Yumiinc:20181111084447j:plain


 

こんにちは、アラかん亭です。

いかがお過ごしですか?

少しづつ寒くなってきました。

私はロバートキヨサキ英語を勉強しています。先日、「資産にフォーカスする」という今月のコンテンツを学習終了したので、備忘録もかねてまとめます。

 

ロバートキヨサキ英語とは

ロバートキヨサキ英語とは「ロバートキヨサキマスター英語マスタープログラム」のことです。

「金持ち父さん貧乏父さん」の著者ロバートキヨサキの英語講演を同時通訳者の小熊弥生先生の解説でビデオで学ぶものです。

毎月のテーマを、8〜12編の約10分程度のビデオで学びます。

さらに、リアルで集まるフォローアップ講座が月1回あります。(ZoomでのTV会議参加も可能です)

ロバート・キヨサキのお金持ち思考を英語で直接聴くことにより、英語とお金持ち思考を同時に学べます。

昨年11月より講座がスタートし、今月は12ヶ月目のテーマを学びました。

ロバートキヨサキ英語のサイトです。興味がある方はのぞいて見てください。そして、一緒に学びませんか。

www.english-master.jp

 

今月(12ヶ月目)のお金持ち思考

今月のタイトルは「FINANCIAL LITERACY 101」。

日本語では「金融理解力の最重要事項」ということでしょうか。

リテラシーというのは元は読み書きする能力で、最近はITリテラシーなどと言ったりします。

「101」というのは住所や部屋番号のことで、「最重要事項」「外せない」「最初の一歩」という意味です。

日本でも「政策の一丁目一番地」などということを聞きますが、同じような表現です。

今月のお金持ち思考のポイントです。

  • ポケットにお金が入ってくる(お金を稼ぐ)ものが資産である
  • ポケットからお金を持ち出す(お金をつかう)ものが負債である
  • ビジネス、不動産は資産である
  • 不動産は他の人のお金(銀行借り入れ)を利用できることが特長である
  • 持ち家も車も負債である
  • 「従業員になって貯金をしなさい」が貧乏父さんの教えである
  • 私は資産にフォーカスしている

資産と負債とは何かを知り、資産にフォーカスすることが、「金融リテラシーの最重要事項」ということです。

持ち家や自動車が負債というのは今までの常識と180度考え方が違います。子供の頃から、大人になったら持ち家をして良い車に乗るように刷り込まれてきたような気がします。

家を所有ですだけなのに「一国一城の主人になる」なんて言います。

「いつかはクラウン」などと高級車に乗ることを勝手に目標のように言ってます。

それに、私たちは家や自動車のコマーシャルを普段からたくさん見ますよね。

コマーシャルをたくさん見るということは、売り手は多額の宣伝費用をかけても売りたい、買ってもらいたいということです。

ということは、、、私たちのポケットからそれだけお金が出て行くということです。(^^;;

ロバキヨの言うこと正しいです。

今月は何回もいつものクアドラントが出てきました。左半分が貧乏父さんが薦めるもの、右半分が金持ち父さんが薦めるものです。

私たちは右半分を目指さなければいけません。

f:id:Yumiinc:20181111064222j:plain

 

今月(12ヶ月目)のロバキヨ英語表現

ロバキヨの英語表現】

So I am a rich man today even though my grades are really bad and all that is very simple because this is all I focus on.

grades:学校の成績

【和訳】

私は今、成績は本当にひどいものですが、それでもお金持ちです。それは単純なことです。私はひたすらこの資産に注意を払っているからです。

【ポイント】

「this is all I focus on」 で今自分が注目していることがさらりと英語で言えます。普段の英会話でも使いたいですね。

まとめ

 「FINANCIAL LITERACY 101」ということで、資産と負債とは何かを知り、資産にフォーカスすることを学びました。

繰り返しになりますが持ち家と自動車は負債です。

自分も再度肝に銘じたいと思います。

 

    

ロバートキヨサキは左の「金持ち父さん貧乏父さん」で有名になりました。右の「金持ち父さんはもっと金持ちになる」からロバキヨ英語の講義が行われています。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

不動産投資詐欺【まがい】に引っかからない5つの方法

f:id:Yumiinc:20181110120858j:plain

 

こんにちは、アラかん亭です。

不動産投資について、自分の経験からブログを書いています。できるだけ、不動産投資の成功ノウハウ本などに書かれていないような内容をご紹介したいです。

前回まで「不動産投資、詐欺はすごそこに」で自分の体験を何回かにわけて書いてきましたが、ここで不動産投資詐欺もどきに引っかからない方法を5つにまとめます。

悪質な不動産投資詐欺まがい

世間では「かぼちゃの馬車」「TATERU」事件など不動産投資詐欺が話題です。最終的には裁判の結果によると思いますが、投資家の銀行残高を書き換えて融資を通すなどの違法行為があるため、これらは詐欺に当たると思います。

しかし、私は不動産投資の世界には詐欺ではないが、投資家をだまして不当な利益を得る「不動産投資詐欺まがい」があります。

詐欺まがいは、契約に嘘も偽りもありません。合法なため、余計にたちが悪いかもしれません。

これらの契約は、不動産の値段が高すぎる、リスクを隠蔽する、不利益になることを説明しないなど投資家のことを全く考えていない悪質な契約です。

詐欺も悪質ならば、詐欺まがいも悪質です。私たちはどちらにも引っかからないようにしないといけません。

私は下記の5つを守っていけば、100%ではないけど詐欺まがいに引っ掛かる確率はかなり減らせると思います。 

1.無料セミナーに安易に参加しない

世の中にあふれる無料不動産投資セミナーは、ほぼ100%業者の宣伝・売り込みです。

主催者側は見込み客を得るのが目的であり、セミナーに参加する不動産投資家を儲けさせるためではないことを肝に銘じる必要があります。

ゲストとして講演する「〇〇さんの話を聞きたい」などの明確な理由がない限り、貴重な時間と交通費を使って参加する必要はありません。

セミナーの後、業者との相談コーナーみたいなものが設定されていることが常です。

ここで業者はカモ(見込み客)を引っ掛けようとしています。

私が不動産投資詐欺まがいに引っ掛かりそうになったスタートは、不動産投資セミナーでした。

このようなセミナーの参加は時間とエネルギーのロスです。

しかも、ロスはセミナー後も続きます。こちらの連絡先を教えてしまうと、その後複数回にわたり売り込みがあります。それらに対応するためにも時間とエネルギーが必要です。

最後は引っ掛かることを回避できても多大なのロスは避けられません。

 

2.自分で収支シミュレーションをする

自分で行う収支シミレーションは必須です。

業者から物件を購入しようとすると業者が計算した収支シミュレーション(目論見書)を渡されますが、そのまま信じてはいけません。

業者のシミュレーションは現在の経済環境が今後も維持される前提で計算されていことが多いと思います。

変動する可能性が高いもの(家賃の下落や金利の変動など)、業者の扱う範囲でないもの(銀行の借り入れ手数料、保険費用、不動産取得税、固定資産税など)、業者にとって都合が悪いもの(人口減少などネガチブ要素の折り込み)などが省かれているもしくは甘く計算されている可能性が高いです。

何千万もの大金を投資をするのです。

自分の収支シミュレーションを準備することをお薦めします。

自分のシミュレーションならばパラメータの変更ができるので、家賃下落や修繕費などを厳し目に織りこめます。厳し目の計算が必要な理由は、最悪とまでいかなくても、悪い方向に状況が進んでも投資家として生き残るためです。

自分は最初は市販ソフトを購入してシミュレーションをやりました。しかし、細かいパラメーターなどが調整できないため自分専用のシミュレーションをExcelで作成しました。今はこのExcelを活用して案件の評価計算をしています。

3.大家さんの勉強会に参加する

以前のブログで書きましたが、不動産投資でお付き合いをする関係者はほぼプロの業者であります。プロの業者であるから彼らは自分達の利益のために仕事をしているのであり、投資家であるあなたを儲けさせるために活動しているのではないということです。

ですから、同じ立ち位置である大家さん(不動産投資家)が集まる勉強会に参加することをお勧めします。勉強会で情報交換することにより、本当に大家さんのためになる情報を入手することができます。

あの業者はヤバイとか、この業者は良いなどの情報も得ることができます。

大家さんの勉強会はたくさんありますが、私は「大家さん学びの会」という大家さんの勉強会に参加しています。

この会の主催者のMさんやNさんと情報交換することで、私は不動産投資に役立つ様々な情報をを得ています。

ooya-manabi.com

 

4.不動産の勉強を継続して行う

不動産に関する勉強は継続して行う必要があります。

私は上記の大家さんの勉強会以外に宅地建物取引士の勉強を継続しています。

宅建士の資格を取って不動産業者になる予定はありませんが、宅建士の勉強から不動産と関係が深い借地借家法などの法律、税金関係の知識などを得ることができます。また、宅建業法を勉強することにより不動産業者に関わることも勉強できます。

私は受講したことありませんが、浦田健さんが主催するJRECは不動産投資家にターゲットを絞った講座です。必ず役に立つろ思います。

また、不動産投資関連の書籍は数え切れないほどもあり、インターネット上にはブログもあります。参考にしていけば良いのではないでしょうか。

この勉強だけやっていれば大丈夫ということはありません。複数を幅広く勉強して知識を身につけていく必要があると思います。

 

5.断る勇気をいつでも持つ

一度業者と交渉が始まると、心の中でいつのまにかその物件を購入することが前提になってしまいます。業者には購入する意思は伝えていない、もちろんハンコなども押していないのですが、すっかり物件を買った気になりついついその次のことを考え始めてしまいます。

冷静に判断をしているつもりですが、ネガティブな要素に対して、「まあどうにかなるか」という感じで甘くなりがちです。

そうすると、ダメ物件でも契約を進めてしまい、気が付いた時は業者の思う壺で後の祭りということになります。

これは大変危険です。

また私は多いのですが、ここで断ったら業者の人に申し訳ないと感じることもあります。この気持ちも捨てるべきです。残念ながら、あなたが業者を信頼するほど、業者はあなたのことを思ってくれていません。彼れはあなたに断られたら次のお客さんを見つけに動くだけです。

一度交渉を始めた案件に対し「あきらめたくないなあ」と感じることもあると思いますが、断る勇気はいつも持っている必要があります。

契約するには、どこかで「えいやぁ」と決断をしなくてはいけませんが、その瞬間までは常に冷静に物件の分析をしていかなくてはいけません。

最後に

不動産投資は事業です。

事業ですから、それなりのお金が必要でしすし、ある時は人生を賭ける場合もあります。また、取引きする関係者は業者が多く、周りはプロ、自分だけがアマというのが普通です。その意味で、投資と名前が付いていますが、株式投資や金、FXなどとは本質が異なります。

事業を継続するためには、投資詐欺、投資詐欺まがいには絶対に引っ掛からないことが必要です。

自分自身も改めて肝に命じて不動産投資を進めていきたいと思います。

ここまで読んでいただきありがとうございました。